森蘭丸よりイケメン?!信長の弟・織田秀孝





第5話 | 森蘭丸よりイケメン?!信長の弟・織田秀孝

森蘭丸,イケメン,信長の弟,織田,秀孝

 

 

戦国時代には森蘭丸をはじめ、イケメンのエピソードがたくさんありますよね。

 

 

そんな中、意外と知られていないのが織田信長の8番目(もしくは9番目)の弟・織田秀孝。

 

 

この秀孝は、守山城主・織田信次との不慮の事故で、若くして亡くなってしまうのです。

 

 

以下は信長公記に出てくるエピソードです。

 

 

 

 

 

 

 

まだ織田信長が尾張を統一しきれていない、弘治元年(1555)頃の事。

 

 

信長の叔父・織田信次は守山城(名古屋市守山区)に居城していました。

 

 

ある日の事。

 

 

信次は家臣達と近くの龍泉寺下の松川の渡しで、川漁をしていたのですが、そこへ一騎の武者が通りかかりました。

 

 

挨拶なしで素通りしようとしていた武者に信次の家臣・洲賀才蔵という武士が、矢を射掛けました。

 

 

すると矢は武者に当たり、武者は馬から転げ落ちました。

 

 

ちょっと驚かすつもりが、運悪く当たってしまったんですね。

 

 

信次たちは落馬した武者をよく見ると、なんと信長の弟・信孝だったのです!

 

 

 

 

 

 

信長公記の著者・太田牛一は、その時の死顔を次の様に描写しています。

 

 

『年は15〜16で、肌はおしろいを塗った様に白く、朱い唇で柔和な姿、顔かたちは人にすぐれて麗しく、その美しさはなんとも例えようのない若武者だった』

 

 

太田牛一がこの様に人物を描写するのは珍しく、よほどの美男子だったのでしょう。

 

 

 

 

 

さて、大変な事をしてしまった信長の叔父・信次は、とにかく慌てて居城・守山城にも立ち寄らずに、その場から馬に乗ってどこかへと逃げ去ってしまいます。

 

 

この報せを聞いた同じ信長の弟・信勝(信行)は、弟のカタキと言わんばかりに手勢を率いて守山城下を焼き払いました。

 

 

しかし同じく守山城へ向かった信長は、

 

 

『我らの弟ともあろう者が、共も連れず、馬一騎で駆け巡るとはあきれた所業だ!例え生きていても許す事はできない』

 

 

と、アッサリ清洲城に帰っています。

 

 

 

 

守山城は、徳川家康の祖父・松平清康が暗殺された城でもあります。

 

 

有名な(守山崩れ)ですね。

 

 

城跡は宝勝寺と周辺の住宅地。

 

 

今でも大きな堀跡が残り、櫓台の様な土盛りと石碑、案内看板が建っています。

 

 

また周辺より高い場所にあり、高低差からも城跡の雰囲気が伝わリます。

 

 

>>守山城

関連ページ

戦国時代って、いつからいつまで?
一般的に戦国時代とはいつからいつまでなのか?という素朴な疑問を調べてみました。
徳川家康の遺産はどのくらいあった?
江戸幕府を開いた徳川家康が亡くなったt時、家康の遺産はどのくらいあったのか?その資産額を調べた記事です。
天正大判の価値はいくら?
豊臣秀吉が作らせたといわれる天正大判の価値は現在の貨幣価値だといくらくらいなのか?という疑問を調べてみた記事です。
三成の忍城攻めはおいくら?
映画・のぼうの城の1シ−ンでもある石田三成の忍城攻めはいったいどのくらいの予算が必要だったのか?雑学と予算を検証した記事です。
戦国時代の影武者の話
戦国時代にはつきものだった影武者の話について書いた記事です。
なぜ政宗の血液型がわかるのか?
人気がある戦国武将のひとり政宗の血液型がわかっていますが、それはなぜわかるのか?最新の研究結果を調べてみました。
ルソン壺ってどんなツボ?
戦国時代に一国に値する価値があるといわれたルソン壺。その正体とは…?
海と別れた九鬼水軍その後どうなった?
戦国時代に手甲船を作り織田信長配下の水軍として名を高めた九鬼嘉隆の九鬼水軍。しかし江戸時代になると、海と分かれることになります。そんな九鬼水軍のその後を説明した記事です。
お市の方の旦那は二人とも愛知ゆかりの武将!
戦国一の美女といわれている織田信長の妹・お市の方の旦那は二人いますが、二人ともとも愛知ゆかりの武将でした。そのエピソードを書いた記事です。

ホーム RSS購読 サイトマップ