お市の方の旦那は二人とも愛知ゆかりの武将!





第10話 | お市の方の旦那は二人とも愛知ゆかりの武将!

 

 

 

大河ドラマで一躍脚光を浴びた【江】の生母・お市の方。

 

 

織田信長の妹で、絶世の美女だったとか。

 

 

さて、そんなお市の方ですが、生涯で二人のダンナさんがいました。

 

 

ひとりは浅井長政。もうひとりは柴田勝家ですね。

 

 

この二人のダンナさん、愛知県ゆかりの武将なのです。

 

 

『え?!』と思われた方もいるのでは?

 

 

柴田勝家はともかく、なぜ北近江の戦国武将・浅井長政が愛知件ゆかりの戦国武将なのか?

 

 

実は『ゆかり』というのがポイントなんです!

 

 

 

 

 

まずは柴田勝家。

 

 

この人は織田家の重臣だった人で、【瓶割柴田】(かめわりしばた)と異名を持つ豪将でした。

 

 

祖父の代に越後(新潟県)の新発田から尾張に移り住んだといわれています。

 

 

生まれた場所は現在の名古屋市名東区にあった下社城(しもやしろじょう)。

 

 

現在は明徳寺というお寺になっていますが、高台の頂上付近にあり、周囲を見渡せる地形です。

 

 

その明徳寺境内に下社城址の碑と柴田勝家の生誕地碑が建っています。

 

 

 

 

 

そして浅井長政ですが、愛知県小牧市にある名鉄・間内駅(まないえき)前に長政の銅像が建っています。

 

 

その理由ですが…

 

 

小谷城落城時、長政の側室・【八重の方】が出産した【七郎】という長政の子を連れて美濃へ逃れたとか。

 

 

その後、世が平定されてから尾張に移り住みました。

 

 

その後子孫は代々その地に住み続けましたが、大正年間にゆえあって神奈川県に移ることになりました。

 

 

その際、先祖伝来の地を離れるという事で、浅井長政の銅像を建て、後にその地に名鉄電車が通ることになったんですね。

 

 

なので名鉄電車の駅前に、ずど〜んと浅井長政の銅像が建っているワケなのです。

 

 

小牧市、名古屋市名東区を訪れた際には、お市の方の旦那の史跡を訪れてみませんか?

 

 

浅井長政像 

 

 

 

柴田勝家生誕地・下社城

関連ページ

戦国時代って、いつからいつまで?
一般的に戦国時代とはいつからいつまでなのか?という素朴な疑問を調べてみました。
徳川家康の遺産はどのくらいあった?
江戸幕府を開いた徳川家康が亡くなったt時、家康の遺産はどのくらいあったのか?その資産額を調べた記事です。
天正大判の価値はいくら?
豊臣秀吉が作らせたといわれる天正大判の価値は現在の貨幣価値だといくらくらいなのか?という疑問を調べてみた記事です。
三成の忍城攻めはおいくら?
映画・のぼうの城の1シ−ンでもある石田三成の忍城攻めはいったいどのくらいの予算が必要だったのか?雑学と予算を検証した記事です。
森蘭丸よりイケメン?!信長の弟・織田秀孝
織田信長の弟・織田秀孝はイケメンの誉れ高き武将でしたが、若くして亡くなってしまいます。そのエピソードを書いた記事です。
戦国時代の影武者の話
戦国時代にはつきものだった影武者の話について書いた記事です。
なぜ政宗の血液型がわかるのか?
人気がある戦国武将のひとり政宗の血液型がわかっていますが、それはなぜわかるのか?最新の研究結果を調べてみました。
ルソン壺ってどんなツボ?
戦国時代に一国に値する価値があるといわれたルソン壺。その正体とは…?
海と別れた九鬼水軍その後どうなった?
戦国時代に手甲船を作り織田信長配下の水軍として名を高めた九鬼嘉隆の九鬼水軍。しかし江戸時代になると、海と分かれることになります。そんな九鬼水軍のその後を説明した記事です。

ホーム RSS購読 サイトマップ