徳川家康の遺産はどのくらいあった?





第2話 | 徳川家康の遺産はどのくらいあった?

 

 

以前、徳川埋蔵金伝説を追ったテレビ番組がありましたが、あのような企画ができたという事は、埋蔵金伝説があったからです。

 

 

日本を統一した徳川家康の遺産はどのくらいあったのでしょうか?

 

 

幕末にはかなり減っていたと思われる遺産ですが、家康が亡くなった時点では、諸説があります。

 

 

一説には

  • 金四七〇箱
  •  

  • 銀四九五三箱

 

があったといわれ、当時の金額で二百万両、現在の貨幣価値でいうと推定2000〜3000億円だったといいます。

 

 

これら現金のほか、茶器をはじめとした美術品や、様々な品物もあったでしょう。

 

 

さらに当時としては珍しかった、ぶどう酒や砂糖といった南蛮貿易で手にしたものもあったと思われます。

 

 

これらのものは、徳川御三家にある程度分配され、残りは全て江戸城の蔵に入れられたそうです。

 

 

それから二百数十年経ち、明治維新を迎えるわけですが、その時点でまだ相当これらの遺産が残っていたと考える人達が、【埋蔵金伝説】を唱えているんですね。

 

 

しかし江戸時代を通してこれらの遺産は、ほぼ使い果たされたとの説もあります。

 

 

なので【埋蔵金】は所詮伝説との意見もありますが、真実はどうなのか?

 

 

最近では歴史研究も活発になってきていますので、これらの伝説も再検証される日が近いのかもしれませんね。

 

関連ページ

戦国時代って、いつからいつまで?
一般的に戦国時代とはいつからいつまでなのか?という素朴な疑問を調べてみました。
天正大判の価値はいくら?
豊臣秀吉が作らせたといわれる天正大判の価値は現在の貨幣価値だといくらくらいなのか?という疑問を調べてみた記事です。
三成の忍城攻めはおいくら?
映画・のぼうの城の1シ−ンでもある石田三成の忍城攻めはいったいどのくらいの予算が必要だったのか?雑学と予算を検証した記事です。
森蘭丸よりイケメン?!信長の弟・織田秀孝
織田信長の弟・織田秀孝はイケメンの誉れ高き武将でしたが、若くして亡くなってしまいます。そのエピソードを書いた記事です。
戦国時代の影武者の話
戦国時代にはつきものだった影武者の話について書いた記事です。
なぜ政宗の血液型がわかるのか?
人気がある戦国武将のひとり政宗の血液型がわかっていますが、それはなぜわかるのか?最新の研究結果を調べてみました。
ルソン壺ってどんなツボ?
戦国時代に一国に値する価値があるといわれたルソン壺。その正体とは…?
海と別れた九鬼水軍その後どうなった?
戦国時代に手甲船を作り織田信長配下の水軍として名を高めた九鬼嘉隆の九鬼水軍。しかし江戸時代になると、海と分かれることになります。そんな九鬼水軍のその後を説明した記事です。
お市の方の旦那は二人とも愛知ゆかりの武将!
戦国一の美女といわれている織田信長の妹・お市の方の旦那は二人いますが、二人ともとも愛知ゆかりの武将でした。そのエピソードを書いた記事です。

ホーム RSS購読 サイトマップ