日本のクリスマスは戦国時代に始まった!





日本のクリスマスは戦国時代に始まった!

日本,クリスマス,戦国時代,始り,だれ,どこで

 

 

クリスマスといえば今ではすっかり日本では定着したイベントです。

 

 

しかしこのクリスマス、日本で最初に行われたのは戦国時代だったことは、意外と知られていないのではないでしょうか?

 

 

日本で最初にクリスマスが行われた場所は現在の山口県。天分二十一年(1552)の事でした。

 

 

当時この地域を治めていたのは、キリシタンを保護した大内義隆。

 

 

この年、義隆によって保護されていた宣教師たちによって、日本で初めての教会堂が建設されることになり、その記念行事として、山口の祭司館でクリスマスを祝った事が始まりといわれています。

 

 

教会堂が完成するのはその三年後ですが、それからというもの、山口を拠点にキリスト教は周辺の九州へと広がっていきました。

 

 

やがて毛利元就が大内氏に代わって山口へ入ると、山口のキリスト教の広がりは衰えましたが、各地に飛び火したキリスト教は、その後も勢力を拡大。

 

 

永禄三年(1560)、桶狭間合戦の年には全国で約一万人といわれていたキリスト教信者が、天正十八年(1590)、秀吉が後北条氏を降した年には、なんと約二十五万人になっていたとか。

 

 

その後、秀吉によってキリスト教禁教令が出されますが、そうでもしないと日本はキリスト教国家になってしまっていた?かもしれないくらいの勢いですよね。

 

 

ところで最初にクリスマスが行われた天分二十一年(1552)の頃は、サンタクロース、プレゼント、トナカイなどはなく、純粋に祈りを捧げる儀式だったそうです。

 

 

クリスマスが現在の形になるのは、太平洋戦争後の高度経済成長期といわれています。

関連ページ

なぜ徳川家の菩提寺は増上寺と寛永寺2つあるの?
徳川家の菩提寺として有名な増上寺と寛永寺ですが、なぜ2つの菩提寺があるのか?そして各将軍の墓はどちらにあるのか?調べてみると意外な事実がありました。
武者修行の本当の理由
戦国時代に武者修行というと、自分を鍛えるというイメ−ジがありますが、それ以外にも諜報活動や求職活動といった意味合いもありました。そんな武者修行について調べてみた記事です。
これだけあった!現代使われている日本刀の用語
現代人の日常生活で日本刀にまつわる用語を調べてみました。すると意外にたくさんあったので、ここでどんな用語があるのかを記載してみたいと思います。
忍者はどのくらい跳ぶ事ができたのか?
俊敏なイメージの忍者ですが、では忍者はどのくらいの距離や高さを跳ぶ事ができたのか?そんな疑問について調べてみた記事です。
明智光秀は敵は本能寺にあり!ってホントに言ったの?
謎が多い戦国史の中でも特にミステリアスなのが本能寺の変です。本能寺を襲う時に明智光秀の定番のセリフ、『敵は本能寺にあり!』ですが、これはホントに言ったのか?調べてみると意外な事がわかりました。

ホーム RSS購読 サイトマップ