忍者はどのくらい跳ぶ事ができたのか?





忍者はどのくらい跳ぶ事ができたのか?

忍者,どのくらい,跳ぶ,距離,高さ

 

 

忍者と聞いて思い浮かべるのが、黒装束に手裏剣をはじめ様々な忍びの道具を待ち、俊敏な動きではないでしょうか?

 

 

実際にはあのような格好はごくまれで一部。

 

 

実際は農民、僧侶、芸達者、山伏に変装しての諜報活動がメインだったようです。

 

 

しかしイメージの様に俊敏さを養う修行はあり、跳躍力については、【六法】という訓練をおこなっていたそうです。

 

 

【六法】とは現代風にいえば、

 

  • 高飛び
  • 幅跳び
  • 横飛び
  • 斜め飛び
  • 前飛び
  • 後ろ飛び

 

という六種類の飛び方です。

 

 

しかも

 

  • 幅跳びでは三間(約5・4メートル)
  • 高飛びでは九尺(約2・7メートル)

 

という距離をクリアすることが一人前の基準とされていました。

 

 

この数字を見て気付かれた方もいると思いますが、幅跳びの5・4メートルは、現在の中学生くらいでも飛べそうな距離ということ。

 

 

しかし当時の人間は身長160センチ以下の人が多かったという説がありますので、その体格からしてみればムズカシイ距離ではないでしょうか?

 

 

一方、高飛び2・7メートルは少しオドロキです。

 

 

現代の高飛び世界記録が2メートル台の前半なので、昔の小柄な忍者が2・7メートルも飛んだとは信じられないくらい。

 

 

これについては現在の陸上競技とは異なり、2・7メートルの塀や木を手足道具を使って飛び越えようというものではなかったかと思われます。

 

 

なので飛び越えるというより、2・7メートルの障害物を【乗り越える】事ができれば一人前と認められたと解釈するべきでしょう。

 

 

子供の頃憧れた忍者も、大人になって探ってみると面白い事実がある事に気付きました。

関連ページ

なぜ徳川家の菩提寺は増上寺と寛永寺2つあるの?
徳川家の菩提寺として有名な増上寺と寛永寺ですが、なぜ2つの菩提寺があるのか?そして各将軍の墓はどちらにあるのか?調べてみると意外な事実がありました。
武者修行の本当の理由
戦国時代に武者修行というと、自分を鍛えるというイメ−ジがありますが、それ以外にも諜報活動や求職活動といった意味合いもありました。そんな武者修行について調べてみた記事です。
これだけあった!現代使われている日本刀の用語
現代人の日常生活で日本刀にまつわる用語を調べてみました。すると意外にたくさんあったので、ここでどんな用語があるのかを記載してみたいと思います。
日本のクリスマスは戦国時代に始まった!
クリスマスといえば西洋から伝来した儀式ですが、日本でクリスマスが行われ始めたのは戦国時代だという説があります。いったい誰が?いつ?どこで?そんな疑問を調査してみました。
明智光秀は敵は本能寺にあり!ってホントに言ったの?
謎が多い戦国史の中でも特にミステリアスなのが本能寺の変です。本能寺を襲う時に明智光秀の定番のセリフ、『敵は本能寺にあり!』ですが、これはホントに言ったのか?調べてみると意外な事がわかりました。

ホーム RSS購読 サイトマップ