戦国時代も肉を食べていた?





第8話 | 戦国時代も『肉』を食べていた?

戦国時代,肉,牛肉,彦根,井伊氏

 

 

現在、私たちは様々な肉を食べる事ができますが、日本人は仏教が伝来してから肉を食べる事は禁止されてきました。

 

 

しかし!

 

 

それはあくまで表向きなことで、実はたべていたんですよ、『肉』を!

 

 

これはどういうことか?

 

 

確かに日本では、大陸から伝来した仏教により、馬・牛・犬・鶏などの家畜を食べることが禁止されていました。

 

 

もともとこれらの動物は現在とは違い、そんなに数が多くなく、しかも牛・馬などは、農耕に使われる貴重な労働力でした。

 

 

しかし野鳥や野獣は、田畑を荒らすこともあり、狩の対象になっていたんですね。

 

 

特に好まれたのが『猪』(いのしし)

 

 

しかし、獣の肉といえば、仏教上、食べてはいけない食べ物になるということで『イノシシ』とは言わず、

 

  • 山鯨(やまくじら)
  •  

  • 牡丹(ぼたん)

 

などと言って一部の人が食べていました。

 

 

また、滋養の効果があることから、『これは獣の肉だけど、薬だ!』といって食べたりもしたそうです。

 

 

そういえば江戸時代、彦根藩の井伊氏が滋養強壮の薬の名目で、将軍家に『牛肉の味噌漬け』を献上していたとの事。

 

 

この『牛肉の味噌漬け』は、現在でも彦根市の名物のひとつとして有名です。

 

 

ということで、以外に食されていた『肉』のお話でした。

 

関連ページ

戦国時代は一日何食だった?
戦国時代の一日の食事の回数はいったい何かいくらいだったのか?そんな素朴な疑問を調べてみました。
長寿のヒケツ?梅干パワー
梅干が長生きに効果がある食べ物という事を知ってますか?戦国時代、梅干しを好んで食べ、長寿記録を残した戦国武将のオハナシです。
見た目とは違う?モヤシパワー
戦国時代以前の武将でモヤシの栄養価に注目した人がいます。それが楠正成。実際に籠城戦でその効果を実証してみせました。
意外とある信玄ゆかりの食べ物
最強の戦国大名とまでいわれる武田信玄。この信玄ゆかりの食べ物を探してみると意外に多い事に気が付きました。それらを紹介した記事です。
意外なスグレモノ 【カツオブシ】
鰹節は戦国時代も食べられており、現在では栄養価の高い食べ物だという事も判明しています。そのカツオブシにまつわる戦国武将のエピソードも記載してみました。
初カツオっていくらだったの?
江戸時代の初ガツオはとんでもなく高値で取引されていました。では、今の値段でどのくらいだったのか調べてみました。
初めてラーメンを食べた日本人はこの人!?
日本人で初めてラーメンを食べたであろう人物を調べてみると、意外な事がわかりました。
徳川家康がキッカケで佃煮は誕生した!
現在では普通に食べられている佃煮は戦国大名の徳川家康ゆかりの食べものという説があります。そのエピソードについて記載した記事です。
明智光秀最後のスイーツ
本能寺の変を起こす前の明智光秀が最後に食べたスイーツのエピソードが現在に残っており、それを紹介した記事です。

ホーム RSS購読 サイトマップ