徳川家康がキッカケで佃煮は誕生した!





第9話 | 徳川家康がキッカケで佃煮は誕生した!

徳川家康,佃煮,ゆらい,本能寺,明智光秀

 

 

東京にも名物がいくつかありまして、そのひとつが【佃煮】ですよね。

 

 

この佃煮、戦国時代にゆかりのある食べ物なんです。

 

 

話は天正十年(1582)、本能寺の変の時にさかのぼります。

 

 

本能寺の変当時、徳川家康は堺見物を楽しんでいました。

 

 

そこへ明智光秀謀反の報せが届きます!

 

 

家康の気の動転は激しく、追い腹を切るとまで言いましたが、本多忠勝や家臣たちに諌められ、とりあえず三河へ帰る事になりました。

 

 

そこで堺から兵庫の海浜方向へ向かい、神岬川(現・住吉区の神崎川)に差し掛かりましたが、あいにく船がありません。

 

 

そこで困っていた家康一団に、いち早く船を提供したのが、摂津国佃村の漁師達でした。

 

 

この頃の佃は『尼崎わき道ゆけば渡し三つ 野里・佃に神崎のしも』と唄われていたくらい水陸交通の要所だったのです。

 

 

漁師達からは船だけでなく、小魚煮も道中食として提供され、それらを食べながら、家康達は必死の伊賀越えを慣行していきました。

 

 

それから二十年余の慶長八年(1603)

 

 

家康は江戸に幕府を開いた時、佃村と隣接する大和田村の領民34人を江戸に呼び寄せ、将軍家に新鮮な魚を納める仕事を与えました。

 

 

そして寛永年間(1624〜43)に、大川(隅田川)の埋立地を与えられ、故郷の佃村を偲んで、【佃島】と名付けられました。

 

 

その後、それまで単なる塩茹でだった小魚煮は、下総方面から入ってくる醤油で煮られる様になります。

 

 

さらに後年、砂糖も加えられたりで、現在の佃煮の原型となっていきます。

 

 

この佃煮は江戸市中で売られ大ブレイク!

 

 

今日では東京を代表する名物までにもなりました。

 

 

なので佃煮は、徳川家康の伊賀越えが無ければ、現在の東京名物にはなっていなかったのではないでしょうか?

 

 

戦国時代と繋がりがあった佃煮のお話でした。

関連ページ

戦国時代は一日何食だった?
戦国時代の一日の食事の回数はいったい何かいくらいだったのか?そんな素朴な疑問を調べてみました。
長寿のヒケツ?梅干パワー
梅干が長生きに効果がある食べ物という事を知ってますか?戦国時代、梅干しを好んで食べ、長寿記録を残した戦国武将のオハナシです。
見た目とは違う?モヤシパワー
戦国時代以前の武将でモヤシの栄養価に注目した人がいます。それが楠正成。実際に籠城戦でその効果を実証してみせました。
意外とある信玄ゆかりの食べ物
最強の戦国大名とまでいわれる武田信玄。この信玄ゆかりの食べ物を探してみると意外に多い事に気が付きました。それらを紹介した記事です。
意外なスグレモノ 【カツオブシ】
鰹節は戦国時代も食べられており、現在では栄養価の高い食べ物だという事も判明しています。そのカツオブシにまつわる戦国武将のエピソードも記載してみました。
初カツオっていくらだったの?
江戸時代の初ガツオはとんでもなく高値で取引されていました。では、今の値段でどのくらいだったのか調べてみました。
初めてラーメンを食べた日本人はこの人!?
日本人で初めてラーメンを食べたであろう人物を調べてみると、意外な事がわかりました。
戦国時代も肉を食べていた?
一般的に日本人が肉を食べ始めたといわれるのは明治時代からですが、実はそれ以前の江戸時代や戦国時代にお肉が食べられていました。
明智光秀最後のスイーツ
本能寺の変を起こす前の明智光秀が最後に食べたスイーツのエピソードが現在に残っており、それを紹介した記事です。

ホーム RSS購読 サイトマップ