聚楽弟ゆかりの野菜





第11話 | 聚楽弟ゆかりの野菜

聚楽弟,ゆかり,野菜,堀川牛蒡,豊臣秀吉

 

聚楽弟(じゅらくだい、てい)

 

 

豊臣秀吉の関白時代の建造物ということで有名ですよね。

 

 

残念ながら秀次時代に破却され、今では文献等でその存在をしるのみです。

 

 

今回はその聚楽弟(じゅらくてい)ゆかりの野菜のお話です。

 

 

そのゆかりの野菜の名前は【堀川牛蒡(ごぼう)】。

 

 

これは通常の牛蒡よりも大きく、中が空洞になっています。

 

 

鶏肉やウズラの卵を詰め込んだ【印籠煮】で有名ですよね。

 

 

牛蒡はもともと宋の時代(960〜1279)に中国から伝わったもので、当初は薬草として日本に入ってきていました。

 

 

牛蒡は繊維質が多く、根部分には発汗利尿作用があり、種子には咽頭痛に効果があったり解毒作用もあるといわれています。

 

 

現在では普通に食卓に並ぶ野菜ですが、これは日本だけのようで、海外ではあまり牛蒡は食されていないようです。

 

 

 

 

 

さて、そんな牛蒡(ごぼう)。

 

 

戦国時代と、どんな関係があるのか?

 

 

じつは聚楽弟が壊された時、聚楽弟の堀は、京の町のゴミ捨て場になってしまいました。

 

 

そこに捨てられた牛蒡が芽を出し、直径7〜9に育ったものが【堀川牛蒡】といわれるようになったそうです。

 

 

栄養面でも優れた牛蒡。

 

 

その歴史には意外なものがあったのですね。

 

 

こんなゴボウです⇒野菜図鑑公式サイト

関連ページ

戦国時代にすき焼きがあった?!
戦国武将たちが食べたといわれるすきやきについて調べた記事です。小田原攻めの時、高山右近の陣を蒲生氏郷や細川忠興らが訪れ、すき焼きを楽しんだそうです。
桶狭間合戦が無ければ八丁味噌も無かった?!
愛知県岡崎市の八丁味噌は、桶狭間合戦ゆかりの食べ物といわれており、その理由とエピソードを紹介した記事です。
鰹のタタキが生まれたのは山内一豊がキッカケ?
高知県で有名な郷土料理のひとつに鰹のタタキがありますが、これは戦国武将の山内一豊がキッカケで作られる様になった料理だといわれています。
上杉謙信の寿命を短くしたといわれる食べ物とは?
越後の龍といわれた上杉謙信の寿命を短くした食べ物といわれているものがあります。それが梅干しです。その理由とエピソードを記載した記事です。
汁かけめしで滅びるのが分かった?!北条氏政
戦国時代の関東の雄・後北条氏は四代氏政の食事の仕方で滅びるのが分かったそうです。次の様なエピソードが残っています。
これが不老長寿の食べ物だ!
昔より伝わる不老長寿の食べ物を調べてみました。
葵の紋を持った魚
昔から葵の紋を持った魚がいるといわれています。それが白魚です。
京の味は信長の口には合わなかった?
織田信長の味覚について、京の味は信長はあまり好きではなかったみたいです。そのエピソードを書いてみました。
天下人秀吉の意外な好物
天下人となった豊臣秀吉は、晩年、意外な好物がありました。そのエピソードを書いた記事です。

ホーム RSS購読 サイトマップ