戦国時代にすき焼きがあった?!





第12話 | 戦国時代にすき焼きがあった?!

戦国時代,すき焼き,高山右近,蒲生氏郷,細川忠興

 

 

戦国時代は仏教の影響もあり、公には動物の肉を食すことは禁じられていました。

 

 

しかし、肉が意外に食べられていた事は、以前にも書きましたよね。

 

 

そして今回はなんと戦国時代のすきやきのエピソード。

 

 

あるんですね。こんな話が…

 

 

時は天正十八年(1590)

 

 

秀吉の小田原城攻めの時、秀吉配下のキリシタン武将・高山右近(たかやまうこん)は、陣中に大量の牛の肉を蓄えていました。

 

 

ある時、この高山右近の陣を蒲生氏郷、細川忠興が訪れます。

 

 

なにせ小田原城を圧倒的兵数で包囲しているために、戦闘らしい戦闘がなく、少々退屈していたのですね。

 

 

そして高山右近は二人をもてなす為に、鍋の用意を始めました。

 

 

そして出てきたのが【牛肉】。

 

 

最初は二人とも少し抵抗があったようですが、右近のススメもあり、おそるおそる口に運びます。

 

 

この時二人が食べたのが、今日の【すきやき】に近い料理だったといわれています。

 

 

【細川家御家譜】によれば、その後も度々、右近の陣中を訪れ、牛肉料理を楽しんだそうです。

 

 

 

 

 

武士には必要な食材だったのかも

 

食文化史研究家の永山久夫氏によれば、牛肉は動物性タンパク質の塊で、体を作る原料になり、牛肉に含まれるヘム鉄と呼ばれる鉄分は血を作り、ビタミンB群はエネルギー代謝の向上、免疫力強化、細胞の老化防止といった効果があるそうです。

 

 

重い甲冑を身に付けて出陣しなければいけなかった武士にとって、牛肉をはじめとする肉類は、生理的に体が欲していた食材だったのかもしれませんね。

 

 

関連ページ

聚楽弟ゆかりの野菜
豊臣秀吉が建てた聚楽弟ゆかりの野菜が現在に残っています。それが堀川ゴボウという野菜です。そのエピソードを調べてみました。
桶狭間合戦が無ければ八丁味噌も無かった?!
愛知県岡崎市の八丁味噌は、桶狭間合戦ゆかりの食べ物といわれており、その理由とエピソードを紹介した記事です。
鰹のタタキが生まれたのは山内一豊がキッカケ?
高知県で有名な郷土料理のひとつに鰹のタタキがありますが、これは戦国武将の山内一豊がキッカケで作られる様になった料理だといわれています。
上杉謙信の寿命を短くしたといわれる食べ物とは?
越後の龍といわれた上杉謙信の寿命を短くした食べ物といわれているものがあります。それが梅干しです。その理由とエピソードを記載した記事です。
汁かけめしで滅びるのが分かった?!北条氏政
戦国時代の関東の雄・後北条氏は四代氏政の食事の仕方で滅びるのが分かったそうです。次の様なエピソードが残っています。
これが不老長寿の食べ物だ!
昔より伝わる不老長寿の食べ物を調べてみました。
葵の紋を持った魚
昔から葵の紋を持った魚がいるといわれています。それが白魚です。
京の味は信長の口には合わなかった?
織田信長の味覚について、京の味は信長はあまり好きではなかったみたいです。そのエピソードを書いてみました。
天下人秀吉の意外な好物
天下人となった豊臣秀吉は、晩年、意外な好物がありました。そのエピソードを書いた記事です。

ホーム RSS購読 サイトマップ