これが不老長寿の食べ物だ!





第17話 | これが不老長寿の食べ物だ!

不老長寿,食べ物

 

 

今回のこのテーマ。不老長寿の食べ物。

 

いろんな食べ物が昔から伝わりますが、いったいどのようなものがあるのか?調べてみると、これだけありました。

 

  • 人魚の肉
  •  

  • 石蜜
  •  

  • 酒泉
  •  

  • ウスバサイシン
  •  

  • 九孔のあわび
  •  

  • 万年貝

 

う〜ん。なかなか聞かない名前ですよね。これらはいったいどういう食べ物なのか?順番に追ってみましょう。

 

 

 

人魚の肉

東洋・西洋に伝わる人魚。その正体は『ジュゴン』ではないかとの事ですが真相はいかに?ちなみに若狭国(現・福井県南部)の八百比丘尼(やおびくに)が人魚を食べて800歳まで生きたという伝説や、源義経の郎党・常陸坊海尊(ひたちぼうかいそん)という人が人魚の干物を食べ、数百年生きたと伝わります。

 

 

 

石蜜・酒泉

石蜜は石から湧き出た飴状の蜜。酒泉は地中から湧き出た酒で造られた泉です。岐阜県の養老の滝の水を病気の老父に飲ませて親孝行した息子の話や、石川県には木の洞に溜まった水を飲み、百年以上生きた男の話があります。

 

 

 

ウスバサイシン

戦国時代よりずっと以前、中国の秦の始皇帝が求めた不老長寿の植物がこれ。しかし違う名前で伝わってもいます。当時鳳来の島(日本のことか)にあるというこの植物を、除福という人に探させたという話が残ります。このウスバサイシン。今でも群生しており、解熱・鎮痛作用が確認されています。(不老長寿じゃないのか?)

 

 

 

九孔のあわび

あわびの貝殻にある吸水孔は普通4〜5ですが、これが九つあるといわれるあわび。

 

 

 

万年貝

文献によると法螺貝に似ているそうですが、ハッキリした形は分かっていません。

 

 

 

 

いかがでしたか?地方によっては、その土地特有の不老長寿の食べ物・飲み物が伝わっていますが、ほとんどが伝説の域を出ないものばかりです。

 

 

しかし中にはホントに効果があるものがあったりして…なんて考えたりもします。

 

 

あなたが住んでいる土地に不老長寿の食べ物・飲み物が伝わっているなら、是非教えて下さいね。

関連ページ

聚楽弟ゆかりの野菜
豊臣秀吉が建てた聚楽弟ゆかりの野菜が現在に残っています。それが堀川ゴボウという野菜です。そのエピソードを調べてみました。
戦国時代にすき焼きがあった?!
戦国武将たちが食べたといわれるすきやきについて調べた記事です。小田原攻めの時、高山右近の陣を蒲生氏郷や細川忠興らが訪れ、すき焼きを楽しんだそうです。
桶狭間合戦が無ければ八丁味噌も無かった?!
愛知県岡崎市の八丁味噌は、桶狭間合戦ゆかりの食べ物といわれており、その理由とエピソードを紹介した記事です。
鰹のタタキが生まれたのは山内一豊がキッカケ?
高知県で有名な郷土料理のひとつに鰹のタタキがありますが、これは戦国武将の山内一豊がキッカケで作られる様になった料理だといわれています。
上杉謙信の寿命を短くしたといわれる食べ物とは?
越後の龍といわれた上杉謙信の寿命を短くした食べ物といわれているものがあります。それが梅干しです。その理由とエピソードを記載した記事です。
汁かけめしで滅びるのが分かった?!北条氏政
戦国時代の関東の雄・後北条氏は四代氏政の食事の仕方で滅びるのが分かったそうです。次の様なエピソードが残っています。
葵の紋を持った魚
昔から葵の紋を持った魚がいるといわれています。それが白魚です。
京の味は信長の口には合わなかった?
織田信長の味覚について、京の味は信長はあまり好きではなかったみたいです。そのエピソードを書いてみました。
天下人秀吉の意外な好物
天下人となった豊臣秀吉は、晩年、意外な好物がありました。そのエピソードを書いた記事です。

ホーム RSS購読 サイトマップ