京の味は信長の口には合わなかった?





京の味は信長の口には合わなかった?

京,味,信長,味噌,合わなかった

 

 

今日は織田信長の味覚のお話です。

 

 

天正元年(1573)、織田信長は足利義昭を京から追放し、室町幕府を滅亡に追い込みました。

 

 

その時、義昭と組んでいた三好氏を蹴散らし、三好義継を自害させました。

 

 

さて、この時、坪内某という三好家に仕える料理人を捕らえましたが、この人は有名な料理人だったそうです。

 

 

そこで信長の家臣が

 

 

『坪内は名料理人なので、上様の料理人として召抱えてはいかがでしょう?』

 

 

と、進言しました。

 

 

信長は評判はともかく、そやつの料理を試食してから決めると返事をしました。

 

 

 

 

 

 

翌日。

 

 

信長は坪内の腕によりをかけた料理を食べ始めました。

 

 

終始無言な信長。

 

 

しかしその表情は、みるみる強張り、遂には『まずい!水っぽくてとても食えん。この料理を作った坪内を殺せ!』

 

 

殺してしまえホトトギス…状態です。

 

 

坪内は平伏し、

 

 

『今一度、機会をお与え下さい。もし次ぎにお気に召さなければ、仰せのままにいたしますので…』

 

 

では今一度機会を与えようと、信長は翌日にまた料理を作らせました。

 

 

すると今度は、なんとも美味い!

 

 

信長から『さすが京一の料理の腕前じゃ』と褒められ、禄まで与えられました。

 

 

しかし坪内は、後にこの事を知人にこう打ち明けました。

 

 

『じつは最初の料理は、三好家好みの京風の薄味の料理。しかし信長様が気に入られませんでしたので、次の日は田舎風の濃い味付けにしたら、美味い!と喜ばれました』

 

 

つまり、坪内は信長を【田舎の味覚】と言いたかったのではなかったのでしょうか?

 

 

確かに信長が育った尾張は、コッテリした味噌味が主流。京風の薄味は口に合わなかったのでしょうね。

 

 

このエピソードは江戸時代に書かれた『常山紀談』に載っている話ですが、やはり納得してしまいそうなお話です。

関連ページ

聚楽弟ゆかりの野菜
豊臣秀吉が建てた聚楽弟ゆかりの野菜が現在に残っています。それが堀川ゴボウという野菜です。そのエピソードを調べてみました。
戦国時代にすき焼きがあった?!
戦国武将たちが食べたといわれるすきやきについて調べた記事です。小田原攻めの時、高山右近の陣を蒲生氏郷や細川忠興らが訪れ、すき焼きを楽しんだそうです。
桶狭間合戦が無ければ八丁味噌も無かった?!
愛知県岡崎市の八丁味噌は、桶狭間合戦ゆかりの食べ物といわれており、その理由とエピソードを紹介した記事です。
鰹のタタキが生まれたのは山内一豊がキッカケ?
高知県で有名な郷土料理のひとつに鰹のタタキがありますが、これは戦国武将の山内一豊がキッカケで作られる様になった料理だといわれています。
上杉謙信の寿命を短くしたといわれる食べ物とは?
越後の龍といわれた上杉謙信の寿命を短くした食べ物といわれているものがあります。それが梅干しです。その理由とエピソードを記載した記事です。
汁かけめしで滅びるのが分かった?!北条氏政
戦国時代の関東の雄・後北条氏は四代氏政の食事の仕方で滅びるのが分かったそうです。次の様なエピソードが残っています。
これが不老長寿の食べ物だ!
昔より伝わる不老長寿の食べ物を調べてみました。
葵の紋を持った魚
昔から葵の紋を持った魚がいるといわれています。それが白魚です。
天下人秀吉の意外な好物
天下人となった豊臣秀吉は、晩年、意外な好物がありました。そのエピソードを書いた記事です。

ホーム RSS購読 サイトマップ