戦国時代の求人募集





第17話 | 戦国時代の求人募集

戦国時代,求人,募集

 

 

戦国時代の軍隊は、8、9割が農民だったという話は今となっては有名な話ですが、今回はその内部事情のお話です。

 

 

まず、戦の兆しがあるとします。

 

 

そうしたら、

 

  • (1)自領の村々に招集をかけ、
  •  

  • (2)兵を集め、
  •  

  • (3)戦後解散

 

という流れですが、いくらその領地を治める戦国大名とはいえ、強制的に根こそぎ村人を連れて行くという事はできませんでした。

 

 

もしそんな事をすると、村人達は反発し、徴兵に応じなくなるばかりか度が過ぎると、村から逃げていってしまうことも。

 

 

ですから徴兵の際は、年貢を少なくする免税を約束したり、恩賞を与えたりとそれなりに気を使っていたのです。

 

 

村側も、前回は▲▲さんが戦に行ったから、今回は●●さんが戦に赴く、といった当番制みたいなものもあったとか。

 

 

また村に居候していた流れ者などは、いつも食べ物を村人にもらっている代わりに戦の時は村を代表して戦場に行くという事もあったみたいです。

 

 

あと戦に出ると陣中では食事が支給されますが、この食事を目当てに戦に参加していた百姓もいたとか。

 

 

戦国時代は1日2食で、現代では信じられませんが、百姓といえどもいつもお腹いっぱいに食べる事ができた訳ではなく、食べるために戦場に出ていた者もいたそうです。

 

 

さらに余談ですが、残った農民も、戦を見物に出かけて行ったりしていました。

 

 

愛知県新城市にも、小屋久保(こやくぼ)という戦国時代の避難所が残っています。

 

 

長篠合戦の際、地域の村人が近くの山頂に避難し、そこから合戦を見物していたとされる場所です。

 

 

さすが戦国の村人、意外とたくましかったんですね。

 

関連ページ

最高齢で子をもうけた武将ではだれ?
数多くの戦国武将の中でも最高齢で子をもうけた武将を紹介した記事です。
子を一番多くもうけた武将は?
戦国武将の中でも子を一番多くもうけた武将はいったい誰なのかという疑問を調べてみました。
気になる武将の身長
戦国武将で身長がわかっている人物が何人かいます。それが石田三成、伊達政宗、徳川家康、豊臣秀吉です。
武士の家紋に嫌われた2つの花
江戸時代に武士の家紋に嫌われた2つの花があります。それが椿と桜。いったいどうして嫌われてしまったのかという謎を調べてみました。
徳川16神将ってだれ?
戦国時代に徳川家康を支えた徳川16神将という武将がいましたが、その16人とはいったい誰なのかを調べてみました。
家康が嫌った妖刀・村正とは
戦国時代に徳川家康が嫌った妖刀がありました。それが村正です。村正とはいったいどんな刀なのか調べてみました。
賤ヶ岳の七本槍はホントは九本槍!あと2人誰?
秀吉配下の勇猛な武将に賤ヶ岳七本槍という7人の武将がいたのですが、実は9人だったという説があります。では残りの2人は誰なのかを調べてみました。
豊臣秀頼生存説ってどんなのがあるの?
大坂夏の陣で亡くなったといわれる豊臣秀頼は、じつは生存説があります。どんな説なのか調べてみた記事です。
第20話 | 安土桃山時代の桃山の場所はドコ?
安土桃山時代の(桃山)の場所について調べてみた記事です。

ホーム RSS購読 サイトマップ