アマクチ西瓜とカラクチ利休





アマクチ西瓜とカラクチ利休

千利休,西瓜,砂糖,雲萍雑誌,飛喜百翁

 

 

茶の湯を芸術と呼ばれるほどに高め、茶聖と呼ばれた千利休。

 

 

彼の茶は【わび茶】といい、その極意は余計な手を加えない、あくまで自然のままを貴んだものでした。

 

 

今回はそんな利休と今が西瓜(スイカ)のお話です。

 

 

ある日、利休が飛喜百翁(ひきひゃくおう)という人を訪ねました。

 

 

飛喜百翁は利休の訪問を大変喜び、西瓜に砂糖をかけて出しました。

 

 

戦国時代当時、砂糖はかなりの高級品で、庶民はおろか、限られた人しか口にできない貴重品でもあったんです。

 

 

旬の甘い西瓜にその貴重な砂糖がタップリとかけてある。

 

 

このうえない贅沢なもてなしです。

 

 

しかし利休は出された西瓜をじっと見て、砂糖がかかってない部分だけを食べ、早々に引き返しました。

 

 

帰り道、同行した弟子が疑問に思い、訳を訪ねました。すると、

 

 

『西瓜には西瓜本来の甘みというものがある。そこに砂糖をかけては、西瓜の自然な甘みが損なわれるではないか』

 

 

と怒って答えたという事です。

 

 

ちなみにこの事について、【雲萍雑誌】(うんぴょうざっし)という書物には、利休が、

 

 

『にげなきふるまひなりと笑ひ侍った』

 

 

と記しています。

 

 

道理を知らぬ無粋な奴よ、という意味です。

 

 

アマイ西瓜をカラクチにバッサリ!の利休。

 

 

しかしこれには一理あるワケで、現代でも西瓜には砂糖ではなく塩を少々ふって食べますよね。

 

 

あれは西瓜の自然な甘みを引き出すために少量の塩をふるのだとか。

 

 

あと夏場の塩分補給という効果もあり、定番の食べ方ですね。(ちなみに私は塩をふりませんが…)

 

 

ということで、戦国時代の甘くないお話でした。

関連ページ

日本人で初めてラーメンを食べたこの人!
日本史上はじめてラーメンを食べたといわれる水戸光圀について調べてみた記事です。
徳川家康の死因は天ぷらってホント?
江戸幕府を開いた徳川家康が亡くなった原因のひとつに天ぷらに当たったという説がありますが、それについて詳しく調べてみました。
必勝祈願!出陣前に縁起を担ぐこの食べ物!
日本人は古来より縁起を担ぐことを大事にしてきました。大事な勝負事や戦いの前、今では選挙などもそうですが、出陣の時に縁起が良いとされる食べ物があります。それを調べてみました。
宇喜多秀家の長寿のヒケツ!明日葉
関ヶ原合戦で八丈島に流された戦国大名・宇喜多秀家は83歳という長寿でした。そんな秀家が食べていたのが八丈島に自生していた明日葉という植物でした。
宇喜多秀家とおにぎり
関ヶ原合戦後に八丈島に流された宇喜多秀家は代官・谷庄兵衛から食事に招待されますが、出されたおにぎりを食べずに持ち帰りました。そこには八丈島の事情があったのです。
なぜ家康は白米より麦飯・玄米を好んだのか?
徳川家康は白米より麦飯・玄米を好んだといいます。それには理由があったのです、そんな家康と麦飯のエピソードです。
餅のおかげで大名になれた?!藤堂高虎
築城の名手として知られる藤堂高虎は関ヶ原合戦でも活躍し大名として名を馳せました。しかし彼が若い頃は貧しく、餅のおかげで出世で来たというエピソードを紹介しています。
なぜ木村重成は合戦前なのに食事をしなかったのか?
大坂の陣で名将として名を残した木村重成。彼は出陣の時に食事をしませんでした。『腹が減っては戦はできぬ』ともいわれた戦国時代になぜなのか?それには理由があったのです。
なぜ戦国時代に石臼(いしうす)は必須だったのか?
最近の研究により戦国時代に石臼(いしうす)は必須のものだったことがわかっています、それはなぜか?石臼の意外な使い道について季節した記事です。

ホーム RSS購読 サイトマップ