宇喜多秀家の長寿のヒケツ!明日葉





宇喜多秀家の長寿のヒケツ!明日葉

 

宇喜多秀家という人物ををご存知ですか?

 

 

備前岡山57万4千石の領主で、豊臣家五大老のひとりに数えられた人物ですが、関ヶ原で西軍に付き、戦後に八丈島に流されました。

 

 

かつては秀吉の養女を娶った、お坊ちゃん大名だった秀家ですが、八丈島での生活は困窮を極めたもので、大変不便だったと記録に残っています。

 

 

しかしそんな秀家ですが、なんと83歳という長寿だったんです。

 

 

彼がなぜそんなに長生きしたのか?

 

 

その理由のひとつに明日葉(あしたば)があります。

 

 

明日葉は、秀家が流された八丈島をはじめ房総半島から紀伊半島、そして伊豆諸島の太平洋岸に自生する植物。

 

 

今日摘んでも次の日には生えてくる凄まじい生命力で、『明日には生える』という事から明日葉という名前が付いたとか。

 

 

とにかく米が採れなかった八丈島で暮らしていた秀家は、この明日葉をたくさん食べていたのでしょう。

 

 

現在でも明日葉の栄養素は非常に注目されており、食文化史研究家の永山久夫氏は、明日葉について次の様な栄養素があると述べています。

 

  • 抗菌やがんの予防、血行促進効果があるカルコン
  •  

  • 細胞の酸化による老化を防ぐカロテン
  •  

  • 免疫力を強化するビタミンC
  •  

  • 骨を丈夫にするビタミンK
  •  

  • 肌の美しさを保つビタミンE
  •  

  • 頭の回転をスムーズにするビタミンB1
  •  

  • 貧血を予防する鉄分

 

 

 

これらの栄養素が明日葉には豊富なんですね。

 

 

今でも楽天市場などのネット通販で検索してみると、明日葉はサプリメントや健康食品、またはダイエット食品としていろんな商品があります。

 

 

まあ、秀家が生きた時代の八丈島では、明日葉と魚介類がメインの食事だったのかもしれませんが、結果、長寿に役に立つ食材ということを歴史で証明していますね。

 

 

戦では家康に負けてしまった秀家ですが、長生き勝負では83歳という長寿で勝ちました。

 

 

秀家が没した明暦元年(1655)、世はすでに江戸幕府四代将軍・徳川家綱の治世でした。

関連ページ

アマクチ西瓜とカラクチ利休
天下人・豊臣秀吉の茶道として歴史にその名を残した千利休。彼は砂糖をかけた西瓜を好まなかったといわれますが、その理由についてあるエピソード調べてみました。
日本人で初めてラーメンを食べたこの人!
日本史上はじめてラーメンを食べたといわれる水戸光圀について調べてみた記事です。
徳川家康の死因は天ぷらってホント?
江戸幕府を開いた徳川家康が亡くなった原因のひとつに天ぷらに当たったという説がありますが、それについて詳しく調べてみました。
必勝祈願!出陣前に縁起を担ぐこの食べ物!
日本人は古来より縁起を担ぐことを大事にしてきました。大事な勝負事や戦いの前、今では選挙などもそうですが、出陣の時に縁起が良いとされる食べ物があります。それを調べてみました。
宇喜多秀家とおにぎり
関ヶ原合戦後に八丈島に流された宇喜多秀家は代官・谷庄兵衛から食事に招待されますが、出されたおにぎりを食べずに持ち帰りました。そこには八丈島の事情があったのです。
なぜ家康は白米より麦飯・玄米を好んだのか?
徳川家康は白米より麦飯・玄米を好んだといいます。それには理由があったのです、そんな家康と麦飯のエピソードです。
餅のおかげで大名になれた?!藤堂高虎
築城の名手として知られる藤堂高虎は関ヶ原合戦でも活躍し大名として名を馳せました。しかし彼が若い頃は貧しく、餅のおかげで出世で来たというエピソードを紹介しています。
なぜ木村重成は合戦前なのに食事をしなかったのか?
大坂の陣で名将として名を残した木村重成。彼は出陣の時に食事をしませんでした。『腹が減っては戦はできぬ』ともいわれた戦国時代になぜなのか?それには理由があったのです。
なぜ戦国時代に石臼(いしうす)は必須だったのか?
最近の研究により戦国時代に石臼(いしうす)は必須のものだったことがわかっています、それはなぜか?石臼の意外な使い道について季節した記事です。

ホーム RSS購読 サイトマップ