餅のおかげで大名になれた?!藤堂高虎





餅のおかげで大名になれた?!藤堂高虎

餅,大名,藤堂高虎,近江

 

 

今日は戦国武将と餅にまつわるお話。

 

 

後に伊賀上野城などの城主となり、関ヶ原合戦でも活躍する藤堂高虎です。

 

 

彼は若い頃貧しく、仕官先を求めてさまよい歩く浪人でした。

 

 

高虎は近江国(現・滋賀県)の出身ですが、仕官先を求め三河までやってきた時、遂に手持ちの資金を使い果たしてしまいます。

 

 

空腹で歩いていた時、三河国吉田宿(現・愛知県豊橋市)の餅屋で焼いていた餅に飛びつき、夢中で餅を食べ始めました。

 

 

しかしこの餅屋の主人・与左衛門は少し変わった人物で、餅代を請求しないどころか、高虎に銭まで恵んでくれました。

 

 

そして一言、

 

 

『これ以上東などへは行かず、故郷の近江へ帰って親孝行しなさい』

 

 

と言って高虎を励まし、虎は涙を流して西へと戻っていきました。

 

 

それから30年後。

 

 

大名となった高虎が行列を従え吉田宿に差し掛かり、あの餅屋を訪れます。

 

 

何事かと驚く餅屋の主人に高虎は、

 

 

『私は30年前、あなたの店の餅をタダ食いしたが、あなたはそれを許し、銭まで恵んでくれた』

 

 

それを聞いた主人は、ハッと気付いたかと思うと、高虎は続けます。

 

 

『あなたの忠告され西に戻ったら、よい主人に恵まれ、武運が開け一国一城の主にまでなれた。つまりあなたの餅のおかげで大名になれた』

 

 

最初は高虎の事が分からなかった主人も、高虎の顔を見て思い出し。ヘタヘタと座り込み、感動のあまり大泣きしたとか。

 

 

高虎はたくさんの銭を餅屋の主人に与え、共侍のものにも餅を大盤振る舞いしたそうです。

 

 

ここまで書くと、ちょっと出来すぎた話に聞こえますよね。

 

 

しかし高虎が治めた津藩上席家老・中川蔵人という人の日記に、

 

 

『藩祖高山公(高虎の事)、ゆかりの三河吉田宿中西与左衛門方にて餅を食ふ習し也』

 

 

との記述が残されており、作られた話にしては、なにかいわれがありそうですよね。

 

 

 

 

 

 


ちなみに高虎の旗は、丸が3つ描いてありますが、これは【三つ餅】といって、今回のエピソードが反映された背旗なのです。

 

 

また『白い餅』 ⇒ 『城持ち』といった、願望が込められていたといわれています。

 

 

もちろん、関ヶ原合戦で高虎は、この三つ餅の旗で参陣しています。

 

 

浪人の高虎に出世のキッカケを与えた餅。

 

 

やはり優れた食べ物ですね。

関連ページ

アマクチ西瓜とカラクチ利休
天下人・豊臣秀吉の茶道として歴史にその名を残した千利休。彼は砂糖をかけた西瓜を好まなかったといわれますが、その理由についてあるエピソード調べてみました。
日本人で初めてラーメンを食べたこの人!
日本史上はじめてラーメンを食べたといわれる水戸光圀について調べてみた記事です。
徳川家康の死因は天ぷらってホント?
江戸幕府を開いた徳川家康が亡くなった原因のひとつに天ぷらに当たったという説がありますが、それについて詳しく調べてみました。
必勝祈願!出陣前に縁起を担ぐこの食べ物!
日本人は古来より縁起を担ぐことを大事にしてきました。大事な勝負事や戦いの前、今では選挙などもそうですが、出陣の時に縁起が良いとされる食べ物があります。それを調べてみました。
宇喜多秀家の長寿のヒケツ!明日葉
関ヶ原合戦で八丈島に流された戦国大名・宇喜多秀家は83歳という長寿でした。そんな秀家が食べていたのが八丈島に自生していた明日葉という植物でした。
宇喜多秀家とおにぎり
関ヶ原合戦後に八丈島に流された宇喜多秀家は代官・谷庄兵衛から食事に招待されますが、出されたおにぎりを食べずに持ち帰りました。そこには八丈島の事情があったのです。
なぜ家康は白米より麦飯・玄米を好んだのか?
徳川家康は白米より麦飯・玄米を好んだといいます。それには理由があったのです、そんな家康と麦飯のエピソードです。
なぜ木村重成は合戦前なのに食事をしなかったのか?
大坂の陣で名将として名を残した木村重成。彼は出陣の時に食事をしませんでした。『腹が減っては戦はできぬ』ともいわれた戦国時代になぜなのか?それには理由があったのです。
なぜ戦国時代に石臼(いしうす)は必須だったのか?
最近の研究により戦国時代に石臼(いしうす)は必須のものだったことがわかっています、それはなぜか?石臼の意外な使い道について季節した記事です。

ホーム RSS購読 サイトマップ