なぜ木村重成は合戦前なのに食事をしなかったのか?





なぜ木村重成は合戦前なのに食事をしなかったのか?

木村重成,合戦,前,食事,しなかった,大坂の陣,首塚,長浜,イケメン

 

 

『ハラが減っては戦はできぬ』

 

 

現代でも使われている有名な言葉ですね。

 

 

確かに合戦ともなれば、甲冑を着ている敵を倒すワケですから、かなりのパワーが必要で、空腹ですとそれも叶いませんね。

 

 

しかし合戦前なのに、食事をしなかった武将のエピソードが残っています。

 

 

それが木村重成です。

 

 

この人は大坂の陣で、真田信繁(幸村)達と共に大坂方として、幕府軍と戦った武将です。

 

 

大坂の陣の時、重成は出陣前の食事が進まなくなっていました。

 

 

心配した妻が、『食事をしないと戦では十分に働けません』というと、重成は、

 

 

『合戦の時に腹一杯食べて出陣して討たれれば、傷口から食べ物が出て見苦しいだろう?私はそんな思いをしたくないから、出陣前は食事をしないのだ』と言ったそうです。

 

 

常に死ぬ覚悟で戦場に出ていたのですね。

 

 

この夫の言葉に、妻は返す言葉がなかったそうです。

 

 

ちなみに重成は大坂の陣で討ち死にしました。

 

 

享年23

 

 

討ち取られた首が家康のもとへ届けられた時、兜を外すと中からお香の匂いが立ち込めたといわれ、家康を感嘆させたと伝わります。

 

 

討ち取られた時の事を常に考えていた重成の『食』にまつわるエピソードです。

 

 

さて、そんな重成の墓は滋賀県彦根市の城下町・キャッスルロードの中にある宗安寺にあります。

 

 

この宗安寺には佐和山城の移築門もあって、彦根城とセットでオススメできる観光地として有名です。

 

 

滋賀県長浜市の宗安寺

関連ページ

アマクチ西瓜とカラクチ利休
天下人・豊臣秀吉の茶道として歴史にその名を残した千利休。彼は砂糖をかけた西瓜を好まなかったといわれますが、その理由についてあるエピソード調べてみました。
日本人で初めてラーメンを食べたこの人!
日本史上はじめてラーメンを食べたといわれる水戸光圀について調べてみた記事です。
徳川家康の死因は天ぷらってホント?
江戸幕府を開いた徳川家康が亡くなった原因のひとつに天ぷらに当たったという説がありますが、それについて詳しく調べてみました。
必勝祈願!出陣前に縁起を担ぐこの食べ物!
日本人は古来より縁起を担ぐことを大事にしてきました。大事な勝負事や戦いの前、今では選挙などもそうですが、出陣の時に縁起が良いとされる食べ物があります。それを調べてみました。
宇喜多秀家の長寿のヒケツ!明日葉
関ヶ原合戦で八丈島に流された戦国大名・宇喜多秀家は83歳という長寿でした。そんな秀家が食べていたのが八丈島に自生していた明日葉という植物でした。
宇喜多秀家とおにぎり
関ヶ原合戦後に八丈島に流された宇喜多秀家は代官・谷庄兵衛から食事に招待されますが、出されたおにぎりを食べずに持ち帰りました。そこには八丈島の事情があったのです。
なぜ家康は白米より麦飯・玄米を好んだのか?
徳川家康は白米より麦飯・玄米を好んだといいます。それには理由があったのです、そんな家康と麦飯のエピソードです。
餅のおかげで大名になれた?!藤堂高虎
築城の名手として知られる藤堂高虎は関ヶ原合戦でも活躍し大名として名を馳せました。しかし彼が若い頃は貧しく、餅のおかげで出世で来たというエピソードを紹介しています。
なぜ戦国時代に石臼(いしうす)は必須だったのか?
最近の研究により戦国時代に石臼(いしうす)は必須のものだったことがわかっています、それはなぜか?石臼の意外な使い道について季節した記事です。

ホーム RSS購読 サイトマップ