第31話〜40話





第31話〜40話記事一覧

戦国時代の合言葉

戦国時代,合言葉 戦国時代の合戦は、今でいうゼッケンを付けていた訳ではなかったので、背旗や袖印などでを判断していました。しかし敵と戦えば、それらのものも紛失してしまい、敵か味方か分からなくなることもありました。なので【合言葉】が使われたんですね。合戦にはこの合言葉が必要不可欠な場合が多く、小さな部隊同士の合戦ならとも...

≫続きを読む

 

天正遣欧少年使節団の少年たちは帰国後こうなった!

本能寺の変が起こった天正十年(1582)に海を渡ってヨーロッパに向かった4人の少年たちがいました。これが後に天正遣欧使節(てんしょうけんおうしせつ)という少年たちです。彼らは九州のキリシタン大名である、大友宗麟、大村純忠、有馬晴信らの名代としてロ―マへ渡った少年達の事で、いったい何のための使節だった...

≫続きを読む

 

剣豪将軍ってどんな人?

剣豪将軍,足利義輝 あなたは【将軍】と聞くと、どんなイメージがありますか?将軍のイメージが強いのは、権力に任せて政治を行ったり、時にはワガママを押しとおしたりというものだと思います。しかし【剣豪将軍】という、剣の達人だった将軍がいました。それが名前は足利義輝(あしかがよしてる)。室町幕府の第13代征夷大将軍で、足利義昭...

≫続きを読む

 

軍勢の中に職人や僧侶がいた理由

軍勢,陣中,職人,僧侶,いた,理由 戦国時代の軍勢の多くは領民(ほとんと百姓)という話は有名ですが、今回は戦闘員以外のお話。戦国時代の軍記類の中には、僧侶・大工・その他の職人の名がたまに記されている例がありますが、これはどういう事でしょうか?まず、僧侶は戦没者供養というよりも、その知識を戦術に活用していたようです。現代では学問を学ぼう...

≫続きを読む

 

関ヶ原合戦後、石田三成の子孫はどうなった?

関ヶ原合戦後、石田三成の子孫はどうなった? 石田三成は関ヶ原合戦で破れ、京都で亡くなった事は有名ですよね。居城の佐和山城も落城し、一族もちりじりになり、徳川方から見た逆臣・石田一族は滅亡したかにみえました。しかし!!石田三成の子孫と血筋は江戸時代に大名としてその後も残りました。どういうことか?まず、三成の次男・重成と娘の辰姫は、関ヶ原合戦当時...

≫続きを読む

 

戦国武将の初陣はいくつくらいだったか?

戦国武将,初陣,いくつ,織田信長,前田利家,毛利元就,長曾我部元親,伊達政宗 戦乱の世の戦でデビューは、いったいいくつくらいだったのか?そして気になるアノ人の初陣は?まずは織田信長。信長の初陣は14歳の時。この時は当時の宿敵・今川氏の領地に火を放ち、居城に帰るといった戦というよりセレモニーみたいなものでした。続いて徳川家康。彼の初陣は17歳で、当時の主君・今川義元の命で三河寺...

≫続きを読む

 

日本初の大砲!フランキ砲とは?戦国日本に大砲が普及しなかった理由

戦国時代に鉄砲はありましたが、大砲は無かったの?という疑問をお持ちの方、大砲ありましたよ。^^記録によれば、関ヶ原合戦の際に西軍・石田三成の陣に大砲が備え付けられており、東軍の黒田・細川両軍の撃退に使用されたとか。また大坂冬の陣の時、徳川方が大坂城に打ち込んだ大砲の弾が天守に命中!この時、豊臣秀頼の...

≫続きを読む

 

お市の方って信長の妹じゃなかったの?近江の浅井氏と尾張の浅井氏

戦国一の美女といわれ、謎が多い女性・お市の方。戦国好きでこの人を知らない人はいないくらい有名な信長の妹ですよね。絶世の美女と伝わる彼女でしたが、彼女の夫となった人は次々と非業の最後を遂げてしまいます。そして彼女も最後は燃え盛る越前・北之庄城で亡くなってしまうのですが…そんなお市の方が信長の妹ではなか...

≫続きを読む

 

徳川家康生誕地の愛知県岡崎市に秀吉と蜂須賀小六の石像がある理由

名古屋から国道一号線を豊橋市に向けて走っていると、岡崎市の矢作川の手前に石像があります。これ、豊臣秀吉と蜂須賀小六の石像なんです。岡崎市といえば、徳川家康の生誕地としてしられる三河。なのになぜ秀吉と小六かというと、それには次のエピソードがあるからです。百姓の子として生まれたといわれる秀吉は、幼名を『...

≫続きを読む

 

竹千代は人質ではなかった?結構厚遇されていた徳川家康の人質時代

竹千代,人質,ではなかった,厚遇,徳川家康,人質,時代 松平元康(後の徳川家康)は、幼少時代に駿河の今川氏に預けられていた時期がありました。当時、尾張の織田氏と三河の松平氏は犬猿の中で、織田氏の三河侵攻を食い止めるために、松平氏はどうしても隣国・今川氏の力が必要だったのです。普通に考えると松平氏が今川氏に忠誠を誓うための人質と思われている様ですが、しかし...

≫続きを読む

 

ホーム RSS購読 サイトマップ