徳川家康生誕地の愛知県岡崎市に秀吉と蜂須賀小六の石像がある理由





徳川家康生誕地の愛知県岡崎市に秀吉と蜂須賀小六の石像がある理由

 

 

名古屋から国道一号線を豊橋市に向けて走っていると、岡崎市の矢作川の手前に石像があります。

 

 

これ、豊臣秀吉と蜂須賀小六の石像なんです。

 

 

岡崎市といえば、徳川家康の生誕地としてしられる三河。

 

 

なのになぜ秀吉と小六かというと、それには次のエピソードがあるからです。

 

 

百姓の子として生まれたといわれる秀吉は、幼名を『日吉丸』といい、信長に仕える前は各地を放浪していました。

 

 

ある夜、三河の矢作橋(やはぎばし)で寝ていると、蜂須賀小六に蹴飛ばされてしまいます。

 

 

怒った日吉丸は小六に抗議するのですが、日吉丸の度胸に感心した小六は、その後、日吉丸と共に行動するようになり、墨俣一屋城築城をはじめ、秀吉の活躍に尽力するようになったそうです。

 

 

その二人が出会った場所というのが、現在の矢作橋という事なのですが…

 

 

 

 

 

 

 

これは史実とは違うんです。

 

 

まず矢作川に橋が架けられたのは慶長六年(1601)

 

 

秀吉は慶長三年(1598)に62歳で亡くなっていますし、蜂須賀小六が亡くなったのは天正十四年(1586)ですから、2人とも亡くなった後に矢作橋が架けられているので、2人が矢作橋で出合ったことはウソになります。

 

 

では、なぜこんな話が伝わっているのかというと、江戸時代の【絵本太閤記】というのが理由なのです。

 

 

江戸時代に反徳川の風潮なのか、豊臣秀吉の伝記ものが流行し、その中でもイラストがふんだんに使われた絵本太閤記がベストセラーになりました。

 

 

その絵本太閤によると、秀吉が蜂須賀小六と出合ったのが三河の矢作橋となっているので、この話が昔話として後世に伝わっているのです。

 

 

でもそう考えると、現在の矢作橋にある出合いの像は、江戸時代のベストセラー本の名場面を再現しているとすれば、ある意味、【本物】という事になりますね。

 

 

少し苦しいかもしれませんけど(汗)。

関連ページ

戦国時代の合言葉
戦国時代の敵味方入り乱れる合戦で、どうやって味方やを見分けたのか?その判断のひとつに合言葉があります。その合言葉についての記事です。
天正遣欧少年使節団の少年たちは帰国後こうなった!
天正十年(1582)に海を渡ってヨーロッパに向かった4人の少年たち、いわゆる天正遣欧少年使節団ですが、日本に帰国後どうなったのかを調べてみた記事です。
剣豪将軍ってどんな人?
戦国時代に剣豪将軍として名を馳せた足利義輝について説明した記事です。
軍勢の中に職人や僧侶がいた理由
戦国時代の合戦中の陣中には職人や僧侶がいたことがわかっています。なぜ戦わない僧侶や職人が陣中にいたのか?それには理由があったのです。
関ヶ原合戦後、石田三成の子孫はどうなった?
関ヶ原合戦で西軍の総帥を務めた石田三成ですが敗れた後、石田三成の子孫はどうなったのか?実は後世に子孫が続いていたのです。
戦国武将の初陣はいくつくらいだったか?
戦国武将の始めての戦、つまり初陣はいくつくらいだったのかという疑問を調べてみました。今回は織田信長、前田利家、毛利元就、伊達政宗そして長曾我部元親の初陣の年を比較してみました。
日本初の大砲!フランキ砲とは?戦国日本に大砲が普及しなかった理由
日本初の大砲として名を残すフランキ砲とはいったいどんな大砲だったのか?また戦国日本に大砲が普及しなかった理由を調べてみました。
お市の方って信長の妹じゃなかったの?近江の浅井氏と尾張の浅井氏
戦国一の美女といわれる信長の妹・お市の方は、最近では信長の妹ではなかったといわれていますがそれはなぜなのか?という疑問を調べてみたら興味深い事を発見しました。その記事です。
竹千代は人質ではなかった?結構厚遇されていた徳川家康の人質時代
徳川家康は子供の頃に駿河の今川氏に人質として預けられていたといわれますが、待遇面を見てみると決して人質とは言えない様な好待遇でした。では具体的にどんな状況だったのかを説明した記事です。

ホーム RSS購読 サイトマップ