竹千代は人質ではなかった?結構厚遇されていた徳川家康の人質時代





竹千代は人質ではなかった?結構厚遇されていた徳川家康の人質時代

 

 

松平元康(後の徳川家康)は、幼少時代に駿河の今川氏に預けられていた時期がありました。

 

 

当時、尾張の織田氏と三河の松平氏は犬猿の中で、織田氏の三河侵攻を食い止めるために、松平氏はどうしても隣国・今川氏の力が必要だったのです。

 

 

普通に考えると松平氏が今川氏に忠誠を誓うための人質と思われている様ですが、しかし人質といっても、現在の人質とはイメ−ジがかけ離れたものでした。

 

 

どういうことか?

 

 

家康は人質といっても、牢屋に幽閉されているワケでもなく、手足を縛られ監禁されているワケでもありませんでした。

 

 

それどころか、人質とは思えないくらいの好待遇だったのです。

 

 

まずは現代でいう家庭教師をつけてもらい、様々な学問を身に付けていました。

 

 

※ちなみにこの時の家庭教師というのが大原雪斎。

 

 

そして元服の際には、今川義元から【元】の字をもらい、松平元康を名乗ります。

 

 

さらに、義元の姪を正室(奥さん)にもらう厚遇ぶり。

 

 

一応は名族・今川氏の一門として扱われていたのですね。

 

 

たまに今川家臣からイジメられていたみたいですが、だからといって決して粗末には扱われていたわけではないのです。

 

 

 

 

 

 

しかし戦の際には、家康の家臣達、つまり三河武士はほとんど最前線に立たせられたり、やはり危険もはらんだ立場でした。

 

 

ところでそんな家康でしたが、桶狭間合戦後は今川氏から独立。結果的に今川氏を裏切る行動をとってしまいます。

 

 

なので江戸時代、家康の裏切りという行動を正当化するために、今川家からヒドイ仕打ちをされていた、悲惨な人質だったという話が創作されたという説があります。

 

 

でももし、桶狭間合戦後、家康が家臣として主家・今川氏をサポートしていれば、また歴史も変わってきていたでしょうね。

 

 

あ、そういえば、後年、臣従していた豊臣秀吉の死去の後、やはり豊臣家もサポートせず、逆に滅ぼしていますよね。

 

 

そういうところから、表向きは従順、いざとなれば手のひらを返したように叛く。

 

 

人をだますという事で【タヌキ】のアダ名も付いたような気もします。

関連ページ

戦国時代の合言葉
戦国時代の敵味方入り乱れる合戦で、どうやって味方やを見分けたのか?その判断のひとつに合言葉があります。その合言葉についての記事です。
天正遣欧少年使節団の少年たちは帰国後こうなった!
天正十年(1582)に海を渡ってヨーロッパに向かった4人の少年たち、いわゆる天正遣欧少年使節団ですが、日本に帰国後どうなったのかを調べてみた記事です。
剣豪将軍ってどんな人?
戦国時代に剣豪将軍として名を馳せた足利義輝について説明した記事です。
軍勢の中に職人や僧侶がいた理由
戦国時代の合戦中の陣中には職人や僧侶がいたことがわかっています。なぜ戦わない僧侶や職人が陣中にいたのか?それには理由があったのです。
関ヶ原合戦後、石田三成の子孫はどうなった?
関ヶ原合戦で西軍の総帥を務めた石田三成ですが敗れた後、石田三成の子孫はどうなったのか?実は後世に子孫が続いていたのです。
戦国武将の初陣はいくつくらいだったか?
戦国武将の始めての戦、つまり初陣はいくつくらいだったのかという疑問を調べてみました。今回は織田信長、前田利家、毛利元就、伊達政宗そして長曾我部元親の初陣の年を比較してみました。
日本初の大砲!フランキ砲とは?戦国日本に大砲が普及しなかった理由
日本初の大砲として名を残すフランキ砲とはいったいどんな大砲だったのか?また戦国日本に大砲が普及しなかった理由を調べてみました。
お市の方って信長の妹じゃなかったの?近江の浅井氏と尾張の浅井氏
戦国一の美女といわれる信長の妹・お市の方は、最近では信長の妹ではなかったといわれていますがそれはなぜなのか?という疑問を調べてみたら興味深い事を発見しました。その記事です。
徳川家康生誕地の愛知県岡崎市に秀吉と蜂須賀小六の石像がある理由
徳川家康で有名な愛知県岡崎市に豊臣秀吉と蜂須賀小六の石像がありますが、なぜ二人の石像が三河国にあるのか?調べてみるとなるほど!と思うことを発見できました。sの記事です。

ホーム RSS購読 サイトマップ