戦国時代のインスタント食!芋茎縄で味噌汁を作る方法





戦国時代のインスタント食!芋茎縄で味噌汁を作る方法

戦国時代,インスタント食,芋茎縄,味噌汁,方法

 

 

現代ではラーメンを初め、様々なインスタント食品がありますよね。

 

 

お湯を入れるだけのもの、レンジアップでできるもの、極めつけは化学反応を利用した【熱燗】なんてものもあります。

 

 

保存も利くし、なかなか美味しく持ち運びも便利。

 

 

『戦国時代もインスタント食品があったら重宝するだろうな〜』と思っていたら、なんとありました!!戦国時代のインスタント食!!

 

 

どういうものかというと、まずは最もポピュラーだったのが【糒】(ほしいい)です。

 

 

これは単に飯を乾燥させたものですが、お湯に浸すとふっくらと戻り、保存も利くので、戦場では重宝されたとか。

 

 

あと細かく砕いたり、あり合わせの魚や野菜を入れたり、塩や味噌で味付けしたりといろいろ工夫されました。

 

 

戦国大名が一定量の糒を備蓄するようにと命令を出した例もあります。

 

 

 

 

 

次にインスタント味噌汁。

 

 

これはまず味噌汁を作り、野菜を加え、最後にカツオブシを入れ煮詰めたものを乾燥させるといったものです。

 

 

これを細かくし、お湯に入れると瞬時に戻り、戦場でも美味しい味噌汁が出来上がります。

 

 

ちなみにこれを考案したのは、豊臣家五奉行のひとり・増田長盛と伝わります。

 

 

長盛は兵糧の調達や輸送、あと朝鮮出兵の際にも軍務や行政を担当していましたので、この様なものを思いついたのではないのでしょうか?

 

 

あと、これに似たもので【芋茎縄】(いもくきなわ)というものがあります。

 

 

どういうものかというと、サトイモの茎で縄を編み、味噌汁で煮込んで乾燥させたものです。

 

 

これも細かく切ってお湯に浸すと、サトイモの茎が具になった味噌汁が出来上がります。

 

 

しかしこれの優れたところは、行軍中や食べるまでは、荷縄として使っていたという事です。

 

 

普段は荷縄で使い、いざという時は味噌汁に変身!

 

 

こういうスグレモノも、乱世の知恵ですね。

関連ページ

もてなしの食事だった?湯漬け
戦国時代によく食べられていた湯漬けという食べ物があります。ごはんにお湯をかけただけのシンプルなものですが、もてなしの食事としても食べられていました。
猛将・吉川元春の死因は鮭?
毛利元就の次男・吉川元春の死因は鮭という説があります。なぜ鮭が死因なのかを調べてみました。
戦国時代のスイーツ事情
戦国時代に食べられていたスイーツについて説明した記事です。カステラや金平糖など輸入されたスイーツのほか、アマカズラ、はちみつ、水あめといった奈良時代にすでにあった甘味についても説明しています。
徳川家の元旦の雑煮に兎肉を入れる理由
徳川家では、今でも元旦の雑煮にうさぎの肉を入れる風習があるそうです。それはなぜかというと、話は戦国時代以前にさかのぼります。
鎌倉時代の三条中納言朝成がチャレンジした戦国時代以前のダイエット
鎌倉時代の三条中納言朝成がチャレンジした戦国時代以前のダイエット方法について解説した記事です。
戦国時代はどうやって食べ物の腐敗を防いだのか?味噌と塩の使い方
戦国時代は防腐剤などなかった時代。そんな時代にどうやって食べ物の腐敗を防いだのか?味噌と塩の使い方について説明した記事です。
織田信長が徳川家康をもてなした料理の献立がスゴイ話
天正十年(1582)5月に安土城を訪れた徳川家康を織田信長は手厚くもてなしましたが、この時に出された料理の献立が文献で残っています。戦国時代の御馳走とはいったいどんなものだったのか?
戦国時代に宣教師にチーズと間違われた食べ物が日本にあった!それは?
日本は古来より肉食が禁じられており、乳製品も普及しなかったのですが、戦国時代に宣教師たちにチーズと間違われた食べ物が日本にありました。その食品とは?ヒントは乳製品と同じくタンパク質が多い食べ物です。
ふぐを食禁した豊臣秀吉と解禁した伊藤博文
冬の味覚の王といえばやはりふぐですね。ふぐは古来より食べられていたらしく、貝塚などからふぐの骨も見つかっています。しかし毒があるので豊臣秀吉が禁止令を出しました。それは明治時代に伊藤博文が解禁するまで続きました。

ホーム RSS購読 サイトマップ