戦国時代に宣教師にチーズと間違われた食べ物が日本にあった!それは?





戦国時代に宣教師にチーズと間違われた食べ物が日本にあった!それは

 

 

日本では昔より、朝廷や公家、貴族を除いて、一般では乳製品を食する習慣はありませんでした。

 

 

『大般涅槃経』(だいはつねはんぎょう)という経典に【醍醐】(だいご)という乳製品の事が書かれていますが、庶民にとっては遠い雲の上の味ですよね。

 

 

しかし乳製品は広まりませんでしたが、外国人にチーズに間違われた食べ物がありました。

 

 

それが豆腐です。

 

 

16世紀に日本にやってきたポルトガルの宣教師たちは、生まれて初めて見るこの白い物体をチーズと思ったらしく、

 

 

『日本人は牛乳もバターも食べないが、マメ(大豆)で作ったチーズを食べている』

 

 

という記録を残したとか。

 

 

豆腐は『ジャパニーズチーズ』と勘違いされていたらしいのですが、今ではその種類も多く、日本食の食材の代表のひとつに数えられていますよね。

 

 

 

 

 

 

さて、そんな豆腐ですが、仏教が伝来してから仏教の影響で公に肉を食べることができなかったので、たんぱく質を取り入れるために、【畑の肉】といわれる大豆を使った豆腐が普及していきました。

 

 

そして寺院の精進料理でさらに発展し、室町時代には、豆腐を串で刺して味噌で食べる【田楽】が考案され庶民の味に!

 

 

さらに江戸時代に入ると、【豆腐百珍】・【続豆腐百珍】という豆腐の料理本も発行されたりします。

 

 

江戸や京にも豆腐専門店が流行ったそうです。

 

 

 

 

 

 

 

ところで肉は食べたいけどベジタリアンを目指していたり、ダイエット中という人のために最近では肉みたいな肉じゃない商品が開発されています。

 

 

いろいろありますが、私が以前食べて驚いたのが、

 

 

鶏肉みたいな 肉らしい豆な嫁

 

 

というもの。

 

 

(大豆肉) ソイミートというもので、鶏肉みたいな食感がする大豆たんぱく食品です。

 

 

以前、史跡巡りで北陸地方に行った時、お寺の方といろいろ話す機会がありました。

 

 

その時、精進料理のひとつとして食べられている事を教えてもらい、早速、ネットで探して購入したんです。

 

 

私の感想ですが、ほぼ鶏肉と同じ食感だと思いました。

 

 

ただし決定的に違うのは味。鶏肉の風味に近いものがありましたが、その点は調味料で十分カバーできると思いました。

 

 

何かの理由で肉を食べる事ができない人、またはちょっと変わった精進料理に興味がある人にオススメです。

 

 

>>楽天市場で鶏肉みたいな 肉らしい豆な嫁をチェック!

関連ページ

もてなしの食事だった?湯漬け
戦国時代によく食べられていた湯漬けという食べ物があります。ごはんにお湯をかけただけのシンプルなものですが、もてなしの食事としても食べられていました。
猛将・吉川元春の死因は鮭?
毛利元就の次男・吉川元春の死因は鮭という説があります。なぜ鮭が死因なのかを調べてみました。
戦国時代のスイーツ事情
戦国時代に食べられていたスイーツについて説明した記事です。カステラや金平糖など輸入されたスイーツのほか、アマカズラ、はちみつ、水あめといった奈良時代にすでにあった甘味についても説明しています。
徳川家の元旦の雑煮に兎肉を入れる理由
徳川家では、今でも元旦の雑煮にうさぎの肉を入れる風習があるそうです。それはなぜかというと、話は戦国時代以前にさかのぼります。
鎌倉時代の三条中納言朝成がチャレンジした戦国時代以前のダイエット
鎌倉時代の三条中納言朝成がチャレンジした戦国時代以前のダイエット方法について解説した記事です。
戦国時代はどうやって食べ物の腐敗を防いだのか?味噌と塩の使い方
戦国時代は防腐剤などなかった時代。そんな時代にどうやって食べ物の腐敗を防いだのか?味噌と塩の使い方について説明した記事です。
戦国時代のインスタント食!芋茎縄で味噌汁を作る方法
戦国時代にものインスタント食があったのをご存知ですか?即席で味噌汁を作る事もできたのです。それが芋茎縄。芋茎縄で味噌汁を作る方法を解説した記事です。
織田信長が徳川家康をもてなした料理の献立がスゴイ話
天正十年(1582)5月に安土城を訪れた徳川家康を織田信長は手厚くもてなしましたが、この時に出された料理の献立が文献で残っています。戦国時代の御馳走とはいったいどんなものだったのか?
ふぐを食禁した豊臣秀吉と解禁した伊藤博文
冬の味覚の王といえばやはりふぐですね。ふぐは古来より食べられていたらしく、貝塚などからふぐの骨も見つかっています。しかし毒があるので豊臣秀吉が禁止令を出しました。それは明治時代に伊藤博文が解禁するまで続きました。

ホーム RSS購読 サイトマップ