ふぐを食禁した豊臣秀吉と解禁した伊藤博文





ふぐを禁止した豊臣秀吉と解禁した伊藤博文〜下関がふぐで有名になった理由〜

 

 

ふぐは冬が旬の魚として知られていますが、コワイのは【毒】ですね。

 

 

日本人がふぐを食べ始めたのは縄文時代ともいわれ、縄文時代の貝塚からふぐの骨も見つかっています。

 

 

しかし当時から毒がある魚という事は分かっていたんですが、ふぐのどの部分に毒があるのかまでは分かっていなかった様です。

 

 

現在では、一般に肝臓、卵巣、皮にテトロドトキシンという毒があるという事が分かっています。

 

 

厚生労働省の公式サイトでは、ふぐの食中毒は、日本で起こる食中毒死亡者の過半を占めるといわれています。

 

 

こちら ⇒ 自然毒のリスクプロファイル | 厚生労働省

 

 

またふぐの毒に当たると死ぬので、同じく当たると死ぬということで、ふぐ料理は【鉄砲】ともいわれているんです。

 

 

てっちり、てっさなど。

 

 

そんな危険な魚ということはずっと昔からわかっていたのですが、それでも食べられていたのは、美味だからでしょう。

 

 

私もたまに食べますが、タンパクな味で歯ごたえも良く、確かに美味しいと思います。

 

 

しかしあまりに亡くなる人が多かったのか、天下をとった豊臣秀吉により、ふぐ食が禁止されてしまったという歴史があります。

 

 

そのふぐ食禁令をを解除したのが初代内閣総理大臣の伊藤博文だったそうです。

 

 

しかも次の様なエピソードが残っています。

 

 

明治時代に内閣総理大臣となった伊藤博文が下関を訪れた時、その日は海がしけており、市場にも魚が無かったそうです。

 

 

そこで料理屋の女将に『下関に来て魚がないとは・・・』と皮肉ったところ、女将が禁止されていたふぐを出しました。

 

 

すると、その時のふぐがかなり美味しかったらしく、伊藤博文直々に山口県の県令に命じて、ふぐの禁止令を解除させたそうです。

 

 

でも禁止令が解除されたのは山口県だけ。

 

 

全国で禁止令が解除されたのは太平洋戦争後のことです。

 

 

こういったいきさつがあり、【山口県下関の名物はふぐ】といわれるようになりました。

関連ページ

もてなしの食事だった?湯漬け
戦国時代によく食べられていた湯漬けという食べ物があります。ごはんにお湯をかけただけのシンプルなものですが、もてなしの食事としても食べられていました。
猛将・吉川元春の死因は鮭?
毛利元就の次男・吉川元春の死因は鮭という説があります。なぜ鮭が死因なのかを調べてみました。
戦国時代のスイーツ事情
戦国時代に食べられていたスイーツについて説明した記事です。カステラや金平糖など輸入されたスイーツのほか、アマカズラ、はちみつ、水あめといった奈良時代にすでにあった甘味についても説明しています。
徳川家の元旦の雑煮に兎肉を入れる理由
徳川家では、今でも元旦の雑煮にうさぎの肉を入れる風習があるそうです。それはなぜかというと、話は戦国時代以前にさかのぼります。
鎌倉時代の三条中納言朝成がチャレンジした戦国時代以前のダイエット
鎌倉時代の三条中納言朝成がチャレンジした戦国時代以前のダイエット方法について解説した記事です。
戦国時代はどうやって食べ物の腐敗を防いだのか?味噌と塩の使い方
戦国時代は防腐剤などなかった時代。そんな時代にどうやって食べ物の腐敗を防いだのか?味噌と塩の使い方について説明した記事です。
戦国時代のインスタント食!芋茎縄で味噌汁を作る方法
戦国時代にものインスタント食があったのをご存知ですか?即席で味噌汁を作る事もできたのです。それが芋茎縄。芋茎縄で味噌汁を作る方法を解説した記事です。
織田信長が徳川家康をもてなした料理の献立がスゴイ話
天正十年(1582)5月に安土城を訪れた徳川家康を織田信長は手厚くもてなしましたが、この時に出された料理の献立が文献で残っています。戦国時代の御馳走とはいったいどんなものだったのか?
戦国時代に宣教師にチーズと間違われた食べ物が日本にあった!それは?
日本は古来より肉食が禁じられており、乳製品も普及しなかったのですが、戦国時代に宣教師たちにチーズと間違われた食べ物が日本にありました。その食品とは?ヒントは乳製品と同じくタンパク質が多い食べ物です。

ホーム RSS購読 サイトマップ