もてなしの食事だった?湯漬け





もてなしの食事だった?湯漬け

戦国時代,湯漬け,信長,エピソード

 

 

湯漬けと聞いてピンと来る方、いますか?

 

 

『茶漬けなら聞いた事あるケド…』

 

 

そのお茶漬けのお湯版、つまりご飯にお湯をかけたものです。

 

 

そう、シンプルな食事法ですね。

 

 

そしてこの湯漬け、有名なエピソードも残っているんですね。

 

 

賤ヶ岳の戦いの際、柴田勝家が越前北の庄へ引き上げる時に、前田利家のもとへ立ち寄り、湯漬けを所望したとの事。

 

 

また信長公記の桶狭間合戦の記事に、信長が立ったまま食事をとったという記述がありますが、最近の研究では、この時食べたのは湯漬けだったとか。

 

 

しかしこの戦国時代のファーストフ―ドともいえる様な湯付け。

 

 

けっしてカンタンな食事方というだけではなく、おもてなしの膳にも採用された食事方なのです。

 

 

どういうことか?

 

 

鎌倉時代以降は、様々な記録や日記に、この【湯漬け】の文字が出てくるんです。

 

 

まず、鎌倉時代である永仁三年(1295)に書かれた書物に、湯漬けは、香の物や豆醤、焼味噌と一緒に出すべきとすでに書かれておいます。

 

 

そして室町時代には、酒に酔った足利義政のために、湯漬けが出されたとの記録があり、

 

 

さらに戦国時代には、三好氏や毛利氏の屋敷で、足利将軍を招いての接客が行われていますが、その膳に湯漬けが出されたことが記録に残っています。

 

 

料理や酒で、コッテリした口の中を、サッパリさせるために用いられたのかもしれませんが、饗応の膳に、採用された食事方という事が分かります。

 

 

ちなみに夏はお湯ではなく、冷水をかけた水飯(すいはん)に変わりました。

 

 

ちなみに【お茶漬け】が出回るようになったのは、江戸時代中期頃という事です。

関連ページ

猛将・吉川元春の死因は鮭?
毛利元就の次男・吉川元春の死因は鮭という説があります。なぜ鮭が死因なのかを調べてみました。
戦国時代のスイーツ事情
戦国時代に食べられていたスイーツについて説明した記事です。カステラや金平糖など輸入されたスイーツのほか、アマカズラ、はちみつ、水あめといった奈良時代にすでにあった甘味についても説明しています。
徳川家の元旦の雑煮に兎肉を入れる理由
徳川家では、今でも元旦の雑煮にうさぎの肉を入れる風習があるそうです。それはなぜかというと、話は戦国時代以前にさかのぼります。
鎌倉時代の三条中納言朝成がチャレンジした戦国時代以前のダイエット
鎌倉時代の三条中納言朝成がチャレンジした戦国時代以前のダイエット方法について解説した記事です。
戦国時代はどうやって食べ物の腐敗を防いだのか?味噌と塩の使い方
戦国時代は防腐剤などなかった時代。そんな時代にどうやって食べ物の腐敗を防いだのか?味噌と塩の使い方について説明した記事です。
戦国時代のインスタント食!芋茎縄で味噌汁を作る方法
戦国時代にものインスタント食があったのをご存知ですか?即席で味噌汁を作る事もできたのです。それが芋茎縄。芋茎縄で味噌汁を作る方法を解説した記事です。
織田信長が徳川家康をもてなした料理の献立がスゴイ話
天正十年(1582)5月に安土城を訪れた徳川家康を織田信長は手厚くもてなしましたが、この時に出された料理の献立が文献で残っています。戦国時代の御馳走とはいったいどんなものだったのか?
戦国時代に宣教師にチーズと間違われた食べ物が日本にあった!それは?
日本は古来より肉食が禁じられており、乳製品も普及しなかったのですが、戦国時代に宣教師たちにチーズと間違われた食べ物が日本にありました。その食品とは?ヒントは乳製品と同じくタンパク質が多い食べ物です。
ふぐを食禁した豊臣秀吉と解禁した伊藤博文
冬の味覚の王といえばやはりふぐですね。ふぐは古来より食べられていたらしく、貝塚などからふぐの骨も見つかっています。しかし毒があるので豊臣秀吉が禁止令を出しました。それは明治時代に伊藤博文が解禁するまで続きました。

ホーム RSS購読 サイトマップ