徳川家の元旦の雑煮に兎肉を入れる理由





徳川家の元旦の雑煮に兎肉を入れる理由

徳川家,元旦,雑煮,兎,肉,入れる,理由,徳阿弥,松平親氏,松平郷

 

 

徳川幕府はもうありませんが、徳川家は現在でもあります。

 

 

今の当主は18代目の徳川恒考氏。

 

 

その徳川家では、元旦に兎(うさぎ)の肉が入った雑煮を食べる習慣があるそうです。

 

 

その理由とは?

 

 

その昔、関東からやって来たという僧侶が、旧縁をたどり年の瀬に信州(現在の長野県)の家臣筋の林光政を訪ねました。

 

 

※一説には僧侶親子とも

 

 

じつは光政も潜伏の身で貧しかったのですが、新年を迎えるということで、雪をかき分け、弓で一羽のウサギを討ち取り、元旦の朝に麦飯とウサギの肉で僧侶をもてなしました。

 

 

僧侶は大変喜んだそうです。

 

 

その後、この僧侶は三河に落ち着き松平親氏を名乗ることとなります。

 

 

そして光政も三河に移り松平家に仕え、松平家の年のはじめのお祝いには、光政が第一番の盃を頂戴する事になったそうです。

 

 

ここからはあなたもご存知の通り、松平家九代目当主・松平元康が徳川家康となり、後に江戸幕府を開きます。

 

 

ということで、信州の古事から、徳川家では今でも年始には、お雑煮の中にウサギの肉を入れる仕来たりがあるそうです。

 

 

もう数百年前の知来たりが今でも続いているのはすごいですね。

 

 

またウサギの肉は食べたことがありませんが、どんな味がするのでしょうか?

 

 

ちなみに松平親氏の銅像は、松平氏発祥の地といわれる愛知県豊田市の松平郷に建ってます。

 

 

少し日本人離れしていますが…

 

 

松平親氏の銅像

関連ページ

もてなしの食事だった?湯漬け
戦国時代によく食べられていた湯漬けという食べ物があります。ごはんにお湯をかけただけのシンプルなものですが、もてなしの食事としても食べられていました。
猛将・吉川元春の死因は鮭?
毛利元就の次男・吉川元春の死因は鮭という説があります。なぜ鮭が死因なのかを調べてみました。
戦国時代のスイーツ事情
戦国時代に食べられていたスイーツについて説明した記事です。カステラや金平糖など輸入されたスイーツのほか、アマカズラ、はちみつ、水あめといった奈良時代にすでにあった甘味についても説明しています。
鎌倉時代の三条中納言朝成がチャレンジした戦国時代以前のダイエット
鎌倉時代の三条中納言朝成がチャレンジした戦国時代以前のダイエット方法について解説した記事です。
戦国時代はどうやって食べ物の腐敗を防いだのか?味噌と塩の使い方
戦国時代は防腐剤などなかった時代。そんな時代にどうやって食べ物の腐敗を防いだのか?味噌と塩の使い方について説明した記事です。
戦国時代のインスタント食!芋茎縄で味噌汁を作る方法
戦国時代にものインスタント食があったのをご存知ですか?即席で味噌汁を作る事もできたのです。それが芋茎縄。芋茎縄で味噌汁を作る方法を解説した記事です。
織田信長が徳川家康をもてなした料理の献立がスゴイ話
天正十年(1582)5月に安土城を訪れた徳川家康を織田信長は手厚くもてなしましたが、この時に出された料理の献立が文献で残っています。戦国時代の御馳走とはいったいどんなものだったのか?
戦国時代に宣教師にチーズと間違われた食べ物が日本にあった!それは?
日本は古来より肉食が禁じられており、乳製品も普及しなかったのですが、戦国時代に宣教師たちにチーズと間違われた食べ物が日本にありました。その食品とは?ヒントは乳製品と同じくタンパク質が多い食べ物です。
ふぐを食禁した豊臣秀吉と解禁した伊藤博文
冬の味覚の王といえばやはりふぐですね。ふぐは古来より食べられていたらしく、貝塚などからふぐの骨も見つかっています。しかし毒があるので豊臣秀吉が禁止令を出しました。それは明治時代に伊藤博文が解禁するまで続きました。

ホーム RSS購読 サイトマップ