授業で教えてくれない戦国武将と歴史の話





第1話〜10話記事一覧

戦国時代は一日何食だった?

戦国時代,一日,何食 現在では1日3食が当たり前となっていますが、ちゃんと食べてますか?では戦国時代は1日に何食、食べていたのか?日常的に戦が起こっていた時代なので、もしかすると1日4食?もしくは5食?と思われるかもしれませんが、戦国時代はキホン1日2食だったといわれています。朝と夜です。ではいつ頃から三食になったのか?...

≫続きを読む

 

長寿のヒケツ?梅干パワー

長寿,梅干,北条,早雲,年 人間五十年といわれた戦国時代において、88歳まで生きた長寿がいました。それが後北条氏(小田原北条氏)の初代で、北条氏百年の礎を築いた北条早雲です。関東の戦国武将ですね。本人は伊勢新九郎と名乗り、早雲は後世に付けられた名前だとか。それはさておき…早雲は戦はもちろん、五十過ぎの晩婚でありながら、六十一歳...

≫続きを読む

 

見た目とは違う?モヤシパワー

モヤシ,栄養,効果,飲食 モヤシは見た目の貧弱さから、頼りない野菜に見えてしまいます。そのために、栄養価も低い貧弱な野菜と思われている方も多いのではないでしょうか?しかしモヤシの事を調べてみると、トンデモナイ栄養のある野菜とともに、歴史の重要な場面にも出てくるのです。まずモヤシはビタミンCをはじめ、多くの栄養が豊富に含まれて...

≫続きを読む

 

意外とある信玄ゆかりの食べ物

現在でも戦国時代・武将ゆかりの飲食物が未だに残っています。地域によって様々ですが、ネーミングや味付け等、歴史ファンにとってはウレシイものが多いです。そんな中、武田信玄ゆかりの食べ物をピックアップしてみました。主に信玄の領国であった甲斐(現・山梨県)、信濃(現・長野県)の郷土料理ですが、全国に名の知ら...

≫続きを読む

 

意外なスグレモノ 【カツオブシ】

鰹節,井伊直政,大久保彦左衛門,栄養価,ダイエット カツオブシと聞くと真っ先に連想するのが、【ダシ】ではないでしょうか?あと冷奴やお好み焼き、うどん等に一振り、という人も多いのでは?そんなカツオブシですが、戦国時代にすでにあったらしく、しかも重宝されていました。『重宝されていた?美味しいダシを取ることに??』いえいえ、そうではなく、カツオブシは見た目...

≫続きを読む

 

初カツオっていくらだったの?

初鰹,いくら,江戸時代,相場,川柳 【目に青葉 山ほととぎす 初ガツオ】今日は戦国時代というよりも、江戸時代のお話。歌にもうたわれている様に、初夏の訪れをしらせる【初ガツオ】は、江戸時代にも人気でした。しかし人気の高い旬のものは、値段も高いうのが当時の常識。カツオも高かったんですね。そこで江戸時代(といっても数百年間ありますが)いった...

≫続きを読む

 

初めてラーメンを食べた日本人はこの人!?

初めて,ラーメン,食べた,日本人,水戸光圀,織田信長,坂本龍馬 食べ物の好き嫌いは人それぞれありますが、私は未だ【ラーメン】と【カレー】嫌いの人に会った事がありません。それだけこの二つの料理は、すっかり日本に定着しているんですね。今日はそんなラーメンのお話。ラーメンを食べているて、ふと思うのが『日本人はいつからラーメンを食べ始めているのだろう?』という疑問。歴史...

≫続きを読む

 

戦国時代も肉を食べていた?

戦国時代,肉,牛肉,彦根,井伊氏 現在、私たちは様々な肉を食べる事ができますが、日本人は仏教が伝来してから肉を食べる事は禁止されてきました。しかし!それはあくまで表向きなことで、実はたべていたんですよ、『肉』を!これはどういうことか?確かに日本では、大陸から伝来した仏教により、馬・牛・犬・鶏などの家畜を食べることが禁止されていました...

≫続きを読む

 

徳川家康がキッカケで佃煮は誕生した!

徳川家康,佃煮,ゆらい,本能寺,明智光秀 東京にも名物がいくつかありまして、そのひとつが【佃煮】ですよね。この佃煮、戦国時代にゆかりのある食べ物なんです。話は天正十年(1582)、本能寺の変の時にさかのぼります。本能寺の変当時、徳川家康は堺見物を楽しんでいました。そこへ明智光秀謀反の報せが届きます!家康の気の動転は激しく、追い腹を切るとまで...

≫続きを読む

 

明智光秀最後のスイーツ

明智光秀。ご存知、本能寺の変を起こした武将ですよね。なぜ本能寺の変を起こしたのかは、現在様々な説がありますが、当時の光秀の心中も、今となっては謎だらけ。そんな光秀が、本能寺の変の前に食べていたスイーツの話が残っています。それは…チマキです。端午の節句に食べるチマキですね。いったいどのような話なのか?...

≫続きを読む

 

ホーム RSS購読 サイトマップ