軍勢の中に職人や僧侶がいた理由





軍勢の中に職人や僧侶がいた理由

軍勢,陣中,職人,僧侶,いた,理由

 

 

戦国時代の軍勢の多くは領民(ほとんと百姓)という話は有名ですが、今回は戦闘員以外のお話。

 

 

戦国時代の軍記類の中には、僧侶・大工・その他の職人の名がたまに記されている例がありますが、これはどういう事でしょうか?

 

 

 

まず、僧侶は戦没者供養というよりも、その知識を戦術に活用していたようです。

 

 

現代では学問を学ぼうと思えば誰でも学べる世の中ですが、戦国時代は限られた人しか学問に接する機会がありませんでした。

 

 

そんな中、僧侶には長い修行で兵法や天文学を学んだ者もおり、戦国大名に重宝されました。

 

 

また武田信玄・上杉謙信といった武将も、寺で学問・兵法を学び、戦で活用したことは有名ですよね。

 

 

 

 

次に大工。

 

 

この人達は陣中に柵や小屋を作るときに活躍したようです。普段は百姓の足軽たちが小屋を建てるよりも、専門家が建てたほうが、早いし丈夫だったのでしょう。

 

 

この大工さんたちも普段から重宝されており、例えば小田原北条氏(後北条氏)は、戦が無い平穏な時から藤沢(現・神奈川県藤沢市)の大鋸引(おおがひき)という製材職人集団に特権を与え保護していました。

 

 

徳川家康も大和国(現・奈良県)の中井正清という大工をわざわざ召しだし、戦陣に加えています。

 

 

あと意外な例では、武田信玄が鉱山技術者を連れて戦に出ていた事です。

 

 

なんのためかというと、篭城している敵方の城の水脈近くで穴を掘り、井戸水を抜くという奇策のためです。

 

 

実際これが採用された戦いが記録に残っており、それが信玄最後の攻城戦となった三河野田城(現・愛知県新城市)です。

 

 

野田城の城内レポ

 

 

武士以外の人達も合戦で活躍していたというお話でした。

関連ページ

戦国時代の合言葉
戦国時代の敵味方入り乱れる合戦で、どうやって味方やを見分けたのか?その判断のひとつに合言葉があります。その合言葉についての記事です。
天正遣欧少年使節団の少年たちは帰国後こうなった!
天正十年(1582)に海を渡ってヨーロッパに向かった4人の少年たち、いわゆる天正遣欧少年使節団ですが、日本に帰国後どうなったのかを調べてみた記事です。
剣豪将軍ってどんな人?
戦国時代に剣豪将軍として名を馳せた足利義輝について説明した記事です。
関ヶ原合戦後、石田三成の子孫はどうなった?
関ヶ原合戦で西軍の総帥を務めた石田三成ですが敗れた後、石田三成の子孫はどうなったのか?実は後世に子孫が続いていたのです。
戦国武将の初陣はいくつくらいだったか?
戦国武将の始めての戦、つまり初陣はいくつくらいだったのかという疑問を調べてみました。今回は織田信長、前田利家、毛利元就、伊達政宗そして長曾我部元親の初陣の年を比較してみました。
日本初の大砲!フランキ砲とは?戦国日本に大砲が普及しなかった理由
日本初の大砲として名を残すフランキ砲とはいったいどんな大砲だったのか?また戦国日本に大砲が普及しなかった理由を調べてみました。
お市の方って信長の妹じゃなかったの?近江の浅井氏と尾張の浅井氏
戦国一の美女といわれる信長の妹・お市の方は、最近では信長の妹ではなかったといわれていますがそれはなぜなのか?という疑問を調べてみたら興味深い事を発見しました。その記事です。
徳川家康生誕地の愛知県岡崎市に秀吉と蜂須賀小六の石像がある理由
徳川家康で有名な愛知県岡崎市に豊臣秀吉と蜂須賀小六の石像がありますが、なぜ二人の石像が三河国にあるのか?調べてみるとなるほど!と思うことを発見できました。sの記事です。
竹千代は人質ではなかった?結構厚遇されていた徳川家康の人質時代
徳川家康は子供の頃に駿河の今川氏に人質として預けられていたといわれますが、待遇面を見てみると決して人質とは言えない様な好待遇でした。では具体的にどんな状況だったのかを説明した記事です。

ホーム RSS購読 サイトマップ